労働局長の助言・指導 利用方法 初心者向け案内 もう迷わないシリーズ

1 min 27 views

※一部PR/コラム

202406時点での情報です

2022年4月「パワーハラスメント防止措置」が全企業に義務化

ハラスメント解決へ向けての協議段階

事業者には、社内に「ハラスメント相談窓口設置義務」となり、ハラスメント相談があった場合などは、その事象に対して適切な対応処置をすることや説明責任など、被害者のプライバシー保護など明確な指針が施行されました

・場合によっては、「被害者の回復の措置」までを行う必要が出てきます

・会社に勇気をもって伝えたのに、全くなにをしてくれているのかわからない場合は、労働局が事業者に「助言・指導」勧告をしてくれます。強い強制力はありませんが、モラルのある事業会社なら、はじめの段階であなたの勇気ある告発に対して真摯に向き合ってくれるはずです。

労働局に助言・あっせんの援助をしてもらう手順

・事業者にハラスメント相談をしたにも関わらず真摯に応対してくれなかった場合は、労働局に相談してみよう
※上長相談の場合はもみ消される場合もあるので会社のハラスメント相談窓口にいきなり直接相談することを推奨します

労働局長の助言、指導

手順①助言

・事業者のハラスメント相談窓口に相談したにも関わらず、なんの対応もしてくれないと感じた場合は、事業者管轄の労働局雇用環境・均等部へ相談して、労働局長から事業者への通してもらえるように相談しよう

手順②あっせん

・労働局に「事業者」と「紛争調整委員」と「被害者」の3人で話あう機会を設けてもらうことを依頼しよう。無料で第三者の方に来てもらうことができます

手順③労働審判

・「労働審判手続き」は、「働く人」と「雇い主」の間に入ってトラブルを解決するすための手続き

3つの手続きと特性があり、
「専門性:労働関係の専門家」
「迅速性:3カ月以内に終了」
「柔軟性:調停成立」

手順④民事訴訟

(202406)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
・202405 月間2000PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics