GMO光アクセス 新規回線契約 解約違約金ゼロ円 もう迷わないシリーズ

4 min 233 views
20211102GMO光アクセス

※アイキャッチ・記事内画像は全てGMO公式サイトから引用してます。

GMOとくとくBBのモバイルWIFIも「国内最速(下り2.7G)5GモバイルWIFIしばり違約金なし」

新規回線を契約しようとしている方、新規回線切り替えタイミングの方には、ぜひ知ってほしい!早くも価格.COMの新規契約利用者口コミで4.39以上の評価を獲得してます。

顧客満足が高い理由は??

①限定サイトからお申込したお客様だけの、新規契約者のみ特典!途中解約金違約金ゼロ円!

②月額スタートもたったの基本料金3773円込!業界最安値級で利用できますよ!

③v6規格対応高性能WIFIルーターもレンタル費用実質無料!。だから下り1Gで最速クラスの情報処理スピードで快適に利用できます!(実質計測値300Mbpsオーバー:高画質ダウンロードも速い!)同時に複数台の接続可能(目安16台、機種によります)

④面倒な設定はもちろん不要!案内書通りに機器を接続設定するだけ!(不慣れな方も安心!)

⑤指定プロバイダー選択でプロバイダー料金も実質無料!

工事費は60ヵ月の継続契約満了で19800円実質無料(※途中解約の場合は残債月の支払い義務は残ります)

★このサイト経由でお申込の方は、本来2年契約のしばりが今なら新規契約者限定、途中解約違約金(11000円込)が免除されます!!

GMOとくとくBB光回線
割引公式サイト
新規契約者限定で、いつでも解約違約金0円にするには限定サイトからの申し込みが必要です。
GMO顧客満足2年連続No1

国内最速クラス(下り2.7G)5GモバイルWIFI

GMOとくとくBBの「国内最速(下り2.7G)5GモバイルWIFI」なら、しばり違約金もなし!

GMOのIPv6の簡単軌跡トリビア①

・通信接続には必ずアドレスというものが必要なのです。
…IPv4アドレス(43億個)
…IPv6アドレス(限りはありますが使いきれない数)

この2つは基本的にアドレスとしての利用名称ですが方式が違います。
(IPはインターネットプロトコルの略:コンピューター同士の通信をする際の手順や規格、基本的ルールの意。)(vはバージョンの略です)

・IPv6プラスは、IPv6を活用するために開発された技術の名称です。

・WIMAX(ワイマックス)※現在はWIMAX2+のことです。
(Worldwide Interoperability for Microwave Access)の略
実は無線通信技術の規格のひとつをそのまま名称にしているんですよ。

1981年:IPv4基本仕様が公開

1989年:NECからノートパソコンの発売

1991年:利用者数の増加により早くもIPv4アドレスが不足すると予測され研究が始まる

1991年:5月24日GMOインターネット株(現在東証1部上場)創設。
事業内容はインターネットに関わるゼネラル事業体です

1992年:IBMからスマホの始まりとされています

1994年:スマホタッチパネル開始

1999年:IPv6アドレスの割り振りが開始

2001年:WIMAXへの取り組み開始
後にWIMAXの規格を利用した通信事業者が複数できます。

2000年:光回線の登場

2007年:アイフォン登場

2009年:2月KDDI:UQコミュニケーションズ「商品名:WiMAX」WiFi機器登場。
7月GMO:「商品名:とくとくBB」サービス開始(=ISP)
10月ソフトバンク:「商品名:ポケットWiFi」開始
※補足、KDDIは「商品名:au」も運営

2011年:パソコンやスマホの普及によりIPv4が枯渇
IPv6普及の基盤が整う状態

2015年:GMOGMOインターネット株式会社が運営する、
圧倒的な安さプロバイダーサービス「GMOとくとくBB」IPv6対応「フレッツ光v6プラス接続サービス」を2015年12月24日(木)より開始いたしました

IPv6の通信網でIPv4を用いたインターネット通信ができるように考えられた技術が
「IPv4 over IPv6」(=IPv6プラス)です。
IPv6でインターネットに接続しながら、IPv4にしか対応していないWebサイトの閲覧やWebサービスの利用をする場合、自動的にIPv4接続へと変換される技術

2020年:IPv6国内普及率30%から逓増。

速度にこだわってきたGMOは技術革新や顧客満足度を目指し2年連続総合1位を獲得できたのです。

GMO採用の「IPV6ぷらす」の簡単解説トリビア②

NTT光回線を利用した「IPv6プラス」方式採用
・部屋では、固定型フレッツ光ネクスト回線を使って「IPv6プラス」が利用でき、通信速度がすごく速くなる接続サービスです。

IPv6プラスとは「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」を使用した方式
・NTT東日本・NTT西日本が提供する「次世代ネットワーク(NGN)」をアクセス回線として、従来の接続方式である「PPPoE接続」ではなく、IPv6にもIPv4にも使えるようにしたことで、接続が格段に速くなる方式のこと。

IPv6プラスの速度が速くなる理由は認証方式の差なんです。
・IPv4はアクセスが集中し混雑しやすいポイントをISP認証のため通過しなければなりません。
・IPv6はアクセスしてきた回線による回線認証のみで接続でき、さらに帯域制限がないので
速度に差が出てくるのです。

本来IPv4とIPv6はそれぞれ接続相手先も同じ方式でなければなりません。
・しかし※トンネリングを利用することでIPv6をIPv4に変換できる「IPv6プラス」の開発に成功したのです。
・IPv4接続時にIPv6の通信方式を利用することでスムーズに通信できるようになったのです。

(※トンネリング)とは、インターネット等のなんらかのネットワークで接続されている、
物理的、または、論理的に離れた2点間を、仮想の回線を作り出しあたかも同一で
あるかのように扱えるようにしたものらしいですよ。

方式の違いによりスピードが上昇
・PPPoE方式では、ユーザー側でルーターやアダプターなど専用の通信機器を設置して認証プロセスが必須となっているのです。この部分がスピードダウンの原因でした。


・PPPoE{=PPP over Ethernet}方式とは、電話回線を前提としたルールである。

・PPP{Point-to-Point Protocol}をイーサネットへ応用した接続方式。
・電話回線を使ったダイヤルアップ接続でインターネットにアクセスしていた時代に用いられていたルールです。

・Ethernet(イーサネット)とは、WANで使用されている有線ネットワーク技術の主流のことです。

・WANとは、Wide Area Network「ワイドエリアネットワーク」の略で遠く離れたエリアとつながったネットワークのことを指します。

補足
・インターネット通信技術の発達で、ADSLなどの高速インターネット回線が登場しました。
・ADSLを利用するときにはPCとADSLモデム間を、イーサネットで接続する必要がありました。
・イーサネット上でPPPの機能を使う必要が出てきました。
これを解決するために作られたのがPPPoEという接続方式です。

・IPoE方式は契約情報を基に、回線側からインターネット接続に必要な設定情報がルーターへと流れ込み、ユーザー認証をせずとも自動的にインターネットに接続されるようなしくみとなっています。だから速いのです。
(IPoE{=IP over Ethernet}方式:初めからイーサネットを通信に使う前提で開発されているため、「ネイティブ方式」と呼ばれることもあります)

安定性の違い
・「PPPoE方式」と「IPoE方式」、いずれも通信の混雑状況によって通信速度が変動する「ベストエフォート型」のサービスです。
・両者の通信の安定性には大きな差は、「IPoE方式」は接続設備の大容量化など、通信設備に関して、ゆとりを持たせた設計で安定した通信を実現しているのです。だから、通信が混雑する時間帯、利用者の多い都市エリアでも安定した速度で通信できるようになったのです。

速くなってもセキュリティが問題ないのは、

・PPPoE方式はIDとパスワードによるユーザー認証が必要

・IPoE方式ではアクセスしてきた回線による回線認証のみで可能にしている

ここに進化した技術開発があるわけです!

以上がIPv6プラスにすることで通信速度が速くなる理由です。

※契約はしっかり契約内容を確認してから契約しましょう。

(20220610)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
・202405 月間2000PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事
error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics