星ドラ 転生3回目 「遊び人のさとり」セット 必須 モガステーション 最速?獲得方法と時間めやす 120万枚 もう迷わないシリーズ

3 min 67 views

※コラムと一部PR

※202403時点での情報

コイン獲得を目指すには、「キングスプラッシュ」のプレミアムルーム解放日を狙う

120万枚到達ポイント

・「月額960円で、毎日プレミアムルームが使用可能

キングスプラッシュプレミアムルーム解放日(約3倍)は現在2日「木」「日」だけ

・実践での「プレミアムプレイ時はジャックポットも3倍になるので最大45万枚(通常は15万枚)」当選確率「実践データだと1/200??」

・「キングスプラッシュ」は、現在手動のみでプレイ可能

キングスプラッシュ1日30分めやすで「+5000枚??:ジャックポット当選含む」で理論値240日??
24時間挑戦で24万枚、5日で120万枚到達?

転生3回目必須職業になった「遊び人」

転生3回目には「遊び人Lv99」が必要になりました!

・モガステーションの景品こうかん所で「120万枚」でこうかん可能ですが、、時間が明らかにかかるとわかっているので無視してました、、
※メタルキングのかぶとレシピ300万枚も完全に諦めてました、、

すでに到達している方は、本当に「凄い!」です。

・自分は完全に超絶時間がかかるので避けてましたが、いよいよ避けて通れなくなってしまいました、、拘束時間長すぎる、、

キングスプラッシュで120万枚何日かかる?

※概算です

キングスプラッシュをプレミアムルームで1日30分プレイした場合

・時間と労力を時間に換算すると、自分の実践から想定したやり方だと、つきっきりで
※プレミアムルーム(ジャックポット当選含む)での計算
・1日30分プレイで約5000枚獲得
・2日1時間プレイで10000枚
・240日120時間(最速なら5日間)で120万枚に到達

だが、

・プレミアムルーム解放は1週間に2回だから、1年間は約52周として、52時間なので、約2年半かかる計算になる、、

120万枚到達パターンめやす

※プレミアムルーム解放時での計算

・1回1時間のプレイで1年と数カ月
・1回2時間のプレイで約半年
・1回4時間のプレイで3カ月
・1回8時間のプレイで45日

転生3回目は、間違いなく「星ドラ離反者」の大きな分岐点

・になると思いますが、こんな大博打?をしなけばならない状態になっているとは、開発側も「壁」にぶち当たっていると想定できます

・エンゲージが高い方は1年は先送りできたのかなあと思います

・冷静に考えると、星ドラ最前線クリアー猛者組とまだまだ転生到達者の時間がかかるであろうと想定できるユーザーを相殺すると、実はこの大博打も計算の上で成り立っているということでしょう

全ユーザーのレベルアップ時間想定から離反者の数は想定済み

・現在は、ユーザーデータが一括管理されているはずなので、またまだ到達には時間がかかると想定できているのでしょう

・星ドラに限っては、レベルに依存しないゲーム構成にもなっている

・最近の星ドラは、イベントボスと新そうびの繰り返しによって、クエスト化に成功したため、このレベルアップの役割としては、ゲームにあまり意味をなさない部分にもなっています

全ての方向性はアンケート調査から

・実は、ドラゴンクエストには、アンケート調査が原点回避ともなる重要な役割を担っていることを熟知しているからです。星ドラでもアンケート調査を取り入れているのは皆さまもご存知のとおりです

※もともとアンケートは「少年ジャンプ:当時の天才的な編集長、鳥嶋和彦氏がさらにブラッシュアップ」が重要視していた突破口のヒントにしていた施策でもあり、またドラゴンクエスト(デッサン鳥山明氏)もこの調査からの延長上に生まれたものであることも示唆していることも一部では知られていることです。

そして、現在の星ドラには、3回目の転生もクエストの一部のプレイ要素の1つに過ぎないほど、星ドラはいろんな角度から楽しめるように、天才的な開発チームによって構築されるようにカタチを変えていったのです

・キングスプラッシュでのジャックポット当選率もっと上がりますように

「遊び人のさとり」を早々に到達していた方は凄い!

・コインが落ちないように維持して、地道に貯めていくのが王道!?

キングスプラシュ ジャックポットチャレンジ実践9回分

9回で当選2回はできすぎ

(昭和トリビア)確率のあいまい差は昭和の娯楽の常識だった?

おみくじ要素は、大吉から大凶までなどあるが、結果が目的なのではなく、おみくじを引く前から結果が出るまでの一連の心理効果を販売している?わけで、結果は数週間もすれば忘れてしまうお菓子のおまけのようなものだ

・星ドラアプリが開始された当初に、ドラゴンクエストでは入手困難なメタルのそうびはとても魅力的なそうびで、入手したい筆頭的なそうびだった

・2015年くらいに当時かなり話題になったのが「ユーザーが実際にガチャ動画投稿をすることで、出現確率が実際の確率よりかなり低い投稿が話題になった

・昭和的なお祭りのおみくじもYOUTUBER達によって、検証されていったが、どこまで本当かはわからない。名乗り出なければならないので、弱者にはリスクが高すぎると思われる
※(余談)基本的に法律は、訴える側が証拠集めや名乗りでなければならないし、弱者に勇気や臨戦態勢があれば、そもそも弱者として狙われないのだ。弱者は好きで弱者になっているわけではないが、自然の摂理にあらがうこともできないのが現実だ

当たりがないくじ引きや似た要素のおみくじもパチンコなども日本人は、なんとなく許容範囲というか、娯楽に関しては特に寛容な精神で楽しむ一貫性の余興だったが、インターネットの普及と共に情報公開がどんどん公開され、なんとなくで済まされていた文化に終止符を打たれるのはいつだろう

・インターネットの普及によって、皆が投稿する時代となり、攻略本は意味をなさなくなり、我先に投稿することが一つの楽しみとなり、攻略本の代わりにもなっていった

(202402)(202405)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
・202405 月間2000PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics