動画編集 音楽 AI自動生成ソフト 音楽の基準はどこから 初心者向け案内解説 もう迷わないシリーズ

1 min 34 views
もう迷わないシリーズ 動画編集 AI音楽自動生成ソフト 音楽の基準

※検索「音楽の基準(チャットGPT併用)」より、引用・参考

(結論)
・音楽には、いろんな音階の組み合わせやルールなどが構築されていて、その組み合わせによって音楽は千変万化します
・音を奏でると、必ずどこかのジャンルに当てはまります
・AI音楽自動生成ソフトは、構築された枠組みの中で生成されます
・いろんな組み合わせによって音楽にはシナジー効果を生み出すエネルギーがあります

音楽の基準とは

・主観と客観的な要素の両方から派生するようです

・音楽に対する評価や基準は、各個人で異なります

個人的な好みと感情

・音楽は主観的な芸術であり、個人の好みや感情に大きく影響しています

・周りを気にせず感じるままに楽しみましょう

文化的背景

・国ごとに民謡などがあるように、場所によって型があり、聞いただけでわかるのも特徴です

・音楽の評価は文化によって異なり、基準や価値観が異なります

音楽理論と技術

・音楽の評価に一定の客観性を提供しています

・音楽の調和、和声、リズム、楽器の演奏技術などが、音楽の品質や複雑さを評価する際に考慮されます


批評家と専門家

・個人によって、全体音感などが異なることで、各個人の感受性は引き出されます。視力で見えるように、音階がはっきり聞こえるのは同じ意味を持つます。見て感動するように聞いて感動します。

・評価制度は各個人によって異なるため、何かしらの基準が設けられるようになりますが、イニシアティブが全てを支配しているようにも思います

・素晴らしいから評価されるのか、評価されたから素晴らしく感じるのか、基準があるようでない世界で勝負することは本当に大変なことです

など

続く

(202310)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
・202405 月間2000PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics