20代 30代 アイデンティティ拡張ツール ITエンジニア 受講料最大70%支給プログラミングスクール もう迷わないシリーズ

10 min 51 views

CONTENTS

最大70%の受講料が支給されるプログラミングスクール

・本気でプログラミングを学びたいなら、教育訓練給付制度対象プログラミングスクールを活用できる今がチャンス!
・経済産業省が発表している2030年問題に向けての人材不足予測に対するITエンジニア人材増員政策がすでにはじまっています。

・そしてプログラミングスクールに通う75%以上の方が初めてなので、まだそんなに差がないうちにスタートできるということです。

・ITエンジニア関連の職業はこれからもっと幅広くなり多様性なスキルが必要とされることが想定されています。
ITエンジニアスキルを自分のアイデンティティツールにして高収入を目指すなら、全体的なIT関連ジャンルを知っておくことが重要であると考えます。
・プログラミングスクールを活用しておくことは、将来自分が目指す方向性の羅針盤にもな、より有益な最新情報提供を受けれることにもなすはずです。

・もう少し知識を高めてからと思う前に、自分の理想プランのまま無料相談を活用するほうが効率が良いです!それは、プログラミングスクールのエキスパートの相談員が、あなたにあった適正なプランを選定してくれて費用なども算出してくれるはずだからです。

どんなエキスパートでも必ず初心者からスタートしています。

(最大受講料が支給されるプログラミングスクールの「コース一覧」をみてみる)

★当日無断キャンセルの場合は、次回のカウンセリングをお断りさせていただく場合がございます。
★無料カウンセリングへのご参加が難しい場合はスクールまでご連絡ください。

2030年にはITエンジニアが最大79万人不足するという事態に備えて人材育成政策すでにはじまっています

IT人材の供給動向の予測と平均年齢の推移
出典:経済産業省「ITベンチャー等によるイノベーション促進のための人材育成・確保モデル事業」5p
引用元「出典:経済産業省」日経コンピュータ2016.12.08号「ITエンジニア1万人実態調査結果」
「ITベンチャー等によるイノベーション促進のための人材育成・確保モデル事業」5p

「今なぜITエンジニア」が求められているのか?

・これから先端AIを発展さすために2030年に想定される人材不足を補う取組がはじまっているからです。
・政府も近年「サイバーセキュリティー政策(経済産業省)」を本気で構築することをはじめています
・時代の発展と共に国は、将来性のある分野に注力してきました。ITエンジニア人材育成は確実に1つの解決しなければならない課題として扱われているようです。

EBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング。証拠に基づく政策立案)とは

#EBPM (Evidence Based Policy Makingの略)

・政策の企画をその場限りのエピソードに頼るのではなく、政策目的を明確化したうえで合理的根拠(エビデンス)に基づくものとすることとされています。
・政策効果の測定に重要な関連を持つ情報や統計等のデータを活用したEBPMの推進は、政策の有効性を高め、国民の行政への信頼確保に資するものとされているようです。
・内閣府では、EBPMを推進するべく、様々な取組を進めているようです。
(内閣府におけるEBPMへの取組より引用)

これから、膨大に蓄積されている資料を「EBPM化」にするためにも、デジタル化にしてスピディーに機能さすためには、ITエンジニアというのはなくてはならない職業の1つになってくるはずです。
政府もデジタル化に向けた過渡期でもあることが分かっていますが、短兵急にはいかないようです。どのように解決していくべきか模索検討しながらも確実に先端AIを活用することになる未来に先駆けて取り組んでいるに違いありません。

(最大受講料が支給されるプログラミングスクールの「コース一覧」をみてみる)

★当日無断キャンセルの場合は、次回のカウンセリングをお断りさせていただく場合がございます。
★無料カウンセリングへのご参加が難しい場合はスクールまでご連絡ください。

「今ITエンジニアを目指す人」に求められているものは何か?

・「#情熱」です。

・それはいろいろな感情を激高させるいろんな物事や要因から派生して動機付けに変化する「情熱」だと思います。
・ITは、今や明確な「1つの学問」になり、今後ますます幅広くなるIT関連分野の中から自分に合った分野が見つかる可能性が十分にあります。
20~40代人生の方向性に迷っている方や、やりたいことが見つけれない状態の方で、ITエンジニアの業界に進んでみることを少し考えている方は、今、このITエンジニア増員に取り組んでいる機会を最大に活せる時かもしれません。

自らの「#アイデンティティ」を「カタチ」に変えれる「#スキル」を身に着けて、それを「#ツール」にして「世の中に発信できる自分になる」ことを少しだけ考えてみてください。ワクワクした方は向いているかもしれません。
#イキルwww

世の中にある仕組みに対しての不満や、自分の中に忸怩たる思いがある方は、その内なるアイデンティティを「カタチ」にして世の中に発信するには、ITエンジニアのスキルは、その発信手段として強力な「スキル」や「ツール」になるはずです。

・昭和中期以降に日本文学を活用して強く想い描いた思想を文字で発信して牽引してきた数々の著名人の時代があったように、これからは強い想いを「カタチ」にして発信することができるとしたら、ITエンジニアというスキルが、アイデンティティツールになることで、自分の忸怩たる思いがエネルギーになり、それが「情熱」となると考えているからです。

お金を稼ぎたい職種選択の先に何を見据えていますか

もし過去の自分に重ねて今目先のお金を稼ぎたいと思っている方へ伝えれることがあるとしたなら、確認したいことがあります。
・稼いだお金を確実に増やす使い方を考えていますか?
・お金を稼ぐと同時に歳をとるという計算ができていますか?
・そのお金を糧にさらなる稼げる仕組みを構築しようと考えられていますか?
・稼ぐ目的の先にお金を活かす何か目標がありますか?
・お金を稼ぐやり方は積み上がるスキルになりそうですか?
・自分のやりたいことにつながりますか?
・稼ぐためのトークスキルは将来永続的に活かせると思いますか?
・お金を物欲に使うこともモチベーションアップになると思いますが、将来の自分のスキルアップにお金を使う計画はありますか
・確実に稼げるようなスキルアップをした後に物欲に使うのはどうですか。スキルアップを優先するという順番を先にするだけで、習熟度として積み上がるスキルの蓄積時間を最大限に活かせると思いませんか?

お金の稼ぎ方として、自分のスキルを積み上げて活かすことは理想だと思いませんか

・スキルを身に着けたお金の稼ぎ方として、医者、弁護士など、他に何個職種や職業を書き出せますか?その中で自分でもできそうな現実的な職業はありますか
もし、やりたいことがないなら「ITエンジニアの方向性」を少しだけ考えてみませんか?
・幅広いスキルが必要なITエンジニアの業種にいるだけでスキルアップして潜在的なアイデンティティを引き出せるツールや、自分の考えを表現できるツールになるかもしれないのは十分に想像できると思います。

「スキル」があれば、想いやアイデアや閃きをスピーディに「カタチ」にできるのです

・確かにITエンジニアの職種に進んでも「好きこそ物の上手なれ」にはなれないかもしれません、しかし毎日携わっているだけでも一般人よりは知識の差ができます
・さらに少し興味を持ったジャンルの資格取得やプログラミング言語の習得を増やすなどすれば、これからのITスキルは需要増になるとされているので、賃金アップや必要人材として重宝されるまでになるかもしれません。
・日進月歩のITスキルは、新しい技術を覚えなければなりませんし、常にブラッシュアップする必要があります。
・同じ「0」からスタートするとしても、早く着手した方のほうが習熟度が上がり、差はますます広がるばかりです。
・学習する上で一番しんどい部分を、一番元気でモチベーションがある時に乗り越えておくことも大事です。それは人間は歳は取るからです。

覚えることが多い分野ほど早く着手し、反復したほうが良いというのは「エビングハウスの忘却曲線」でも有名です。優先順位が大事だというのは、自分自身の経験を通してよく理解できていると思います。時間がかかると分かっていることは早く取り掛かることだと。

(最大受講料が支給されるプログラミングスクールの「コース一覧」をみてみる)

★当日無断キャンセルの場合は、次回のカウンセリングをお断りさせていただく場合がございます。
★無料カウンセリングへのご参加が難しい場合はスクールまでご連絡ください。

産官学連携による取組を経済産業省が積極的に注力しています

・2030年問題は複数ありますが、ITエンジニア不足もその1つとして予測できていることを数年前に発表し続けています。
・ITエンジニアを補うための取組がすでにはじまっていることもあり、義務教育にも学問の1つとして必修化がはじまっています。
プログラミングスクールも年々増加傾向です。
・これからは、ますます企業内でもIT人材育成としての社内ナレッジ学習やITエンジニアになるための最低限の学習ノウハウを蓄積しフィードバックするインフラ整備がすでにはじまっています。

2020年より小学校でプログラミング教育が必修化されました

・文部科学省でも、小学校のプログラミングの手引きが発表されています。
・すでに「2022年度4月での全国学力テスト」では、小学6年生の算数で、プログラミングを題材とした問題が初めて登場しているようです。
(文部科学省より参考)

厚生労働省とは

「国民生活の保障・向上」と「経済の発展」を目指すために、社会福祉、社会保障、公衆衛生の向上・増進と、働く環境の整備、職業の安定・人材の育成を総合的・一体的に推進します。 また、少子高齢化、男女共同参画、経済構造の変化などに対応し、社会保障政策と労働政策を一体的に推進します。
(厚生労働省より引用)

経済産業省とは

「国内経済と産業」の強化・発展の促進。「経済産業」、「対外経済」、「ものづくり、流通、サービス」、「中小企業、地域産業」の活性化、「エネルギー・環境」、「安心・安全」など
(経済産業省より引用・参考)

プログラミングスクールでは、今や多岐にわたる分野が構築されています

プログラミングスクールコース
・コースも多岐にわたり、どこから学んでいいのかわからないと思います。
・受講金額もさまざまあり、予備校と同じくらいしますし、本気コースなら専門学校の1年分の学費くらいかかります。
・1つのジャンルなので、それなりに学習しなければその世界に入れないということです。無知ではスタートラインに立てないということなので、それを乗り越えた人しかその職種につけないということです。しかし、その気になれば誰でも挑戦できます。
・学習ハードルは高いですが、それを超えた先に自分が見ている夢を実現させる「情熱」があれば、結局は自分のためになので頑張れると思います。それぐらい最短学習できるノウハウが出来上がっています。

学習期間
・期間は、ジャンルによって違いますが、数か月単位です。

(就職・転職先)
・専門スクールなので、もちろんサポート環境もしっかり準備ができています。求人情報も数百社ありますし、スクール卒業後も活用できます。

厚生労働省の専門的実践教育訓練給付金とは

・中長期的なキャリア形成を支援するため、2014年(平成26年)10月から拡充された教育訓練給付金です。 専門的・実践的な訓練が対象となるため、給付率は一般教育訓練給付よりも高く、訓練の受講を修了・資格取得等をし、修了から1年以内に就職に結びつい場合は、追加の支給も受けられます。
(政府広報オンラインより引用)

・現在プログラミングスクールでは、給付金の手続きも積極的に導入しはじめ、対象者には支給されています。まずは、プログラミングスクールを利用するにあたって「給付金を受けれる対象になるかどうか」も事前に確認しておく必要もあります

自分が最大70%の給付金を受けれる対象者かどうか、今の悩みや相談を含めて無料カウンセリングをみてみる

★当日無断キャンセルの場合は、次回のカウンセリングをお断りさせていただく場合がございます。
★無料カウンセリングへのご参加が難しい場合はスクールまでご連絡ください。

先端AIエンジニアになれるように今から目指せば、未経験スタートでも2030年には仕事に携われるようになるかもしれません

・「先端AIエンジニア」になるまでには、「ITエンジニア」になりプログラミングスキルを身に着けることは、ほんのはじまりにすぎないようです。
・「先端AIエンジニア」になるには、現在ある「AIのソリューション」を解決できる能力も身に着けねばなりません。例えば、
「データラングリング」
「特徴エンジニアリング」
「モデルコンパイリング」
「アルゴリズム設計」
「分散学習」
「デバッグ」
「リソースプロビジョニング」
「ハードウェア管理」
「障害復旧」
などなど、「先端AI」は、あげればきりがないくらいのシステム構成や管理や仕組みの理解が必要とされるようです。
まずは「ITエンジニア」を目指していくとして上記の意味あいが全くわからなかった自分が、数年後すぐに理解できる自分になっていたとしたとして、スラスラと解説している自分になっているとしたら少しワクワクしませんか。

AIを使えるようになるには、

・「AI」を活用できるようになるまでには、膨大な作業を行うAIエンジニア、ITエンジニア、それに伴ういろんなエンジニアの方々の連携が1つになってやっと到達できるとされています。
「データサイエンティストの雇用」
「機会学習エンジニアの雇用」
「シムテムエンジニアの雇用」
「非対応のオープソースの使用」
「カスタムインフラの管理」
「生データの解析」
「長い開発期間」
「失敗に対するリスク管理」
・現在ある「AI」と言ってもまだまだ企業に簡単に導入できる費用ではないそうですし、その企業に合うようにカスタイズが簡単にできるものでもないようです。
(2018年 PETUUM CEO Eric Xingより引用・参考)

(最大受講料が支給されるプログラミングスクールの「コース一覧」をみてみる)

★当日無断キャンセルの場合は、次回のカウンセリングをお断りさせていただく場合がございます。
★無料カウンセリングへのご参加が難しい場合はスクールまでご連絡ください。

今から10年後、20年後にはIT関連産業における年代別人材構成の平準化を目指しています。今から始めれば日本の未来を担う先端AIの仕事にも関わっているかもしれません。

IT関連産業における年代別人材構成の変化
出典:経済産業省「ITベンチャー等によるイノベーション促進のための人材育成・確保モデル事業」5p
引用元「出典:経済産業省」日経コンピュータ2016.12.08号「ITエンジニア1万人実態調査結果」
「ITベンチャー等によるイノベーション促進のための人材育成・確保モデル事業」5p

未来は誰にもわかりません、自分の未来もわからないかもしれません、しかし、現在先端AIを確立するために産官学での取組活動は始まっています

・今時点で、「やりたいことがない」、「やりたい職種がない」なら、未来予測が明確にされているITエンジニアの世界に飛び込んでみることを真剣に考えてみませんか。
・もし仮にあいまいなまま職業選択をした場合、その職業選択の先は自分にとって有益になりそうですか。
・ITエンジニアの方向性を選択した場合、物心がついた時にはITエンジニアスキルがアイデンティティツールになっていて、それを活かせる何かを思いつくかもしれません。スキルとはそういうものです。何かを思いついても「カタチ」にするスキルがなければ、無力感と過ごした時間を後悔するだけかもしれません
・気づかなかったことは仕方ありません。しかし、今この記事を読んでいる自分が少しでもITエンジニアの必要性が認識ができたなら、貪欲に見識を高めてみる機会にしてみるのも何かの気づき」になるかもしれません。

膨大な情報の蓄積データはすでにAIによって、データマイニングされ活用されています

すでにあるものとして
・画像ノイズを除去したり、数億人の画像データを蓄積(元データなしで復元)
・人間が解読できない未読解の古文書の解読
・人間と同様の翻訳や発音
・皮膚ガンの発見率95%(皮膚科医平均87%)
・生存予測(24時間以内)95%(従来モデルの10%増加)
・脳腫瘍診断制度83%(専門医平均63%)
・米シカゴ市警(発砲事件を過去データより算出して事前パトロールにより最大29%減少)
(SoftBank World2018基調講演より引用)

もし、先端AIが常時実現的に稼働するようになった場合、膨大なBIGデータを精査して瞬時にデータマイニングされ適切な解答を導き出してくれるようになります。そんな人間の担い手となる先端AIに関わっている自分がいるとしたら少しモチベーションアップになりませんか。

経済産業省は2019年に、「IT 人材需給に関する調査」を発表し、今のままだと最大79万人近く人手不足なることを予測して、問題解決に早期に取組みはじめました

2019年
出所)2015 年は総務省「平成 27 年国勢調査」によるもの、
2016 年以降は試算結果をもとにみずほ情報総研作成 42p

今後、「AI」や「ビックデータ:」を使いこなし、「第4次産業革命」に対応したビジネスの担い手として「IT人材」の重要度がますます高まってくると想定しています。

「ビックデータ」:非構造化データを含むあらゆるデータ群
「第4次産業革命」:IoT=”Internet of Things”(様々なモノがインターネットに接続された相互制御)やAI(人口知能)、ビックデータを用いた技術革新のこと

「産学官連携」も、それぞれが強化目標を掲げて活動がもう始まっています。

・国では「AI」教育の基盤推進を推し量る

・大学では「AI」への人材供給力を高められる学習場の構築

・企業では、企業内育成・人材確保強化を目標に「AI」人材育成を推進

先端IT人材の需要に伴う、人員配置の構成

・「従来型IT型人材」から、「先端IT人材」へのスキル転換

・AIを実現する数理モデル(AIモデル)を構築する人材(AIサイエンティスト)の育成には、「博士号を有する」など、高度で専門的な学術素養も育成できるインフラ整備も同時進行しなければならないとされている。

・ソフトウェア開発や実装を担う人材(AIエンジニア)には、AIモデルやその背景となる技術的な概念を理解した上で、そのモデルをソフトウェアやシステムとして実装する能力や、既存のAI機能を搭載した新たな開発が求められるとされています。

・AI活用やビジネス企画を担う人材(AIプランナー)に関しては、その育成方法が確立しているわけではないので、AI促進牽引を担う人材育成方法など早急に検討していく課題もでてきているようです。

2030年時点でのIT人材需要供給の差は16万~79万人と想定

需要が供給を上回る予測想定がすでに分かっている(最大79万人の不足)ので、その差を埋めるべく産学官連携は今後ますます盛んに連携していかなければならないと想定されているようです。

企業内育成・確保の強化

・高度なAI人材に関しては、大学等の専門教育を拡充していくことが有効であると考えられている

・企業では、AIの実装を担う人材(AIエンジニア)やAIの活用を牽引する人材(AIプランナー)の育成を図る必要があるようです。

・AIの浸透がもっと進めば、AI活用のアプリケーションを提供する人材に加え、活用する人材(AIユーザー)も必要になり、AIの活用能力を高めるための教育・育成機会が必要となるとされているようです。

AI活用人材の育成

・今回の試算では、AI活用が一般化される中で、多くの人材にAIツールの活用能力に加え、AI活用のリテラシーや、その基本となる情報活用に関するリテラシーも向上してくことが求められているそうです。※リテラシー(読解記述力:適切に理解・解釈・分析をして改めて記述・表現する能力)

・AI活用に関する教育機会をもっと充実していくためのインフラ整備も同時進行で必要となると想定されているようです。

・産業界では、AI活用への教育機会はもちろんのこと、AI以外の分野にもAI教育を盛り込んだ教育システム構築も必要となり、全体的な情報共有と向上を目指していかねばならないとしているようです。

(引用と参考:経済産業省委託事業の調査報告書)
平成 30 年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備
(IT 人材等育成支援のための調査分析事業)
- IT 人材需給に関する調査 -
調査報告書
2019 年 3 月
みずほ情報総研株式会社

(最大受講料が支給されるプログラミングスクールの「コース一覧」をみてみる)

★当日無断キャンセルの場合は、次回のカウンセリングをお断りさせていただく場合がございます。
★無料カウンセリングへのご参加が難しい場合はスクールまでご連絡ください。

(20220925)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics