未経験 30代 40代 ITエンジニア転職にチャレンジするなら転機 ITエンジニア転職専門サイトGEEK JOB もう迷わないシリーズ

9 min 155 views
20220829 GEEK JOB 無料キャリア相談

CONTENTS

IT業界関連企業で働けないと諦めていませんか?

やりたいことがない方にとって、職種選択というのは本当に憂鬱な切実な問題だと思っています。
・しかし「働かざるもの食べからず」働いて収入を得るというサイクルを考えた先人たちの世界共通認識の仕組みであるお金を稼いで生活するという天才的な仕組みは、生活にかかせない共通ツールになってしまってます。「やりたい職業がないから働かない!#イキルZwww」とも言えない現実があるわけです。。
・自分は、自分の「生き方」と「職業」のマッチングは、いまだに人生最大の難関だと思っています。が、やりたいことである職業を見つけれた方、一言「すごいです!」
・義務教育や高校、大学、そして就職先や年収など、社会人になるまでに将来設計計画を立てれた方でさらに実行できている方、一言「すごいです!」

誰しも自分に合った職種選択をしたい
自らのアイデンティティツールとして隠れた才能を開花させたい
と思うことは自然な摂理だと自分は考えます。しかし現実は、自分に事実をつきつけます
・できたら1つ1つ職種を試したいと思いますが時間がかかります。限りなく考えてトライアンドエラーを繰り返す職種選択も気づけば、1年、3年とあっという間に時間は過ぎていきます。そして一番忘れがちなこと、人間「歳」を取るという生命体です。#イキテイルZwww

・今自分のためにいろんなことにチャレンジ精神で自分にあった職種を探している20代、すでにいろんな職業を迷いながらもトライしてきた30代、すっかりキャリア組になっていろんなことを受けれ出した40代以上の方、IT業界で働けないと諦めてはいませんか?

最大79万人の人材不足とされている2030年までにITエンジニア関連人材育成がはじまっていることをご存じでしたか?

・現在のIT業界ヒエラルキーはどんどん拡張し、IT関連の仕事の幅もどんどん増えていくことが予測され、それに伴うITエンジニアの人材不足が経済産業省の調査で明らかとなってます。

IT人材の供給動向の予測と平均年齢の推移
出典:経済産業省「ITベンチャー等によるイノベーション促進のための人材育成・確保モデル事業」5p
引用元「出典:経済産業省」日経コンピュータ2016.12.08号「ITエンジニア1万人実態調査結果」
「ITベンチャー等によるイノベーション促進のための人材育成・確保モデル事業」5p

・IT業界に興味があったけど、相談する場所を見つけられなかった方
・IT業界は自分は無理だと思っていた方
・自分がやってみたい職業はだいたいやってみたが、IT関連だけは避けていた方
・IT業界があるのは知っていたが、自分には無理だと諦めていた方
職業を決めれない理由や背景がいろいろあると思いますが、職種の方向性に迷っているなら、2030年に向けてIT業界に飛び込んで約10年後の自分のためにスキルアップを図るには、ぴったりのタイミグだと思います。その理由は、


「産官学」連携でITエンジニア関連人材育成への取組活動がもうすでにはじまっています

・ITエンジニア関連の人材不足を補うためには、「産官学」は連携しあって、2030年の不足人材を補えるように新たに取り組みに注力しています。

・このような状況になっているので「もし、やりたいことがない」なら、IT関連の職業に挑戦してみるタイミングとしては窓口が非常に広がっているということです。

・全く縁のなかった方、諦めていた方、IT業界へのチャレンジは、自分の新たな方向性を開拓できるかもしれません。

だからといって、全く知識がない人を雇用しようという取組ではありません自らはもちろん積極的に学習する必要あります企業も雇用者が学習ができるようなインフラ整備にも取り組みだし、潜在的にITエンジニアになれそうな人材を育成するための期間も設けだしているわけです。しかし、ある程度の人材が確保しはじめたら、再び狭き転職先になるのは間違いありません。

・ITエンジニア関連の業務は、パソコンを中心とした業務になりますが、需要と共に業務も増えることで、業務の細分化にも取り組みだしているわけです。ものすごく簡単にいうと今まで、人件費の兼ね合いや業務分担することが困難な高度なスキルが必要な作業なので、「0~10」の業務工数があるとしたら、ほとんどを一人で行わなければならなかったのです。しかし需要が多くなることで、販売売上の増加に伴い、極端にいうと「0~2」「3~5」「6」、、と工程と工数を分散して習熟度に応じて業務を分担できるような仕組み化を構築するとともに、未経験者にも実践を踏まえて習熟度をあげれるようなインフラ整備を設ける仕組み化を構築する取組が行われている最中でもあるということです。

・今までなら「0~8」くらいのスキルがないと雇用までいけなかったのですが、2030年に向けて大学、企業、政府の「産官学」の人材育成への取組連携によって、未経験者がスタートしやすい環境構築を積極的に行っているということです。

・しかし、いくら業務分散したからといって、業務内容が簡単になるわけではありません。IT関連知識や見識が全くない方にとってITエンジニア関連の知識は1つの学問レベルになり、非常にハードルが高いものになっているのも事実です。ですから、短兵急に習得できる内容でもないわけです。

・しかし、IT関連に関しては、学べば学ぶほど、スキルの習熟度はブラシュアップされ、IT関連の仕事の幅が広がり企業選択や高額な給料を獲得できるレールには乗れることは間違いありません。

誰もが、初心者の道を通っています

・じゃあ、今「0」の状態の自分が、どこから学習をスタートしていけばいいの?ということになるわけです。

・今回、「GEEK JOB」は、最もニーズが高いとされている分野に特化して、ここからスタートしたら幅が広がりやすいのではないという学習プログラムを転職提携企業と連携して最も必要な最優先学習部分はどこなのかにフォーカスして取り組んでいます。

30歳以上の方向け「キャリア無料相談」や有料コースの活用

キャリア無料相談」を利用させてもらうことで、IT関連エンジニアの現状や業界企業のことについてやどれくらいの給料がもらえるのかなど、あらゆる意味での現実的な案内をしてくれます

超現実的な話になると思うので刺激が強くて落ち込むかもしれません、、しかし「安心してください!チャレンジャーに失うものはないはずです!駆け上がるのみですw。新しいことを学ぶ時はワクワクしないといけませんw。」新しいことにチャレンジするわけですから、楽しむできです。#チャレンジャーダZwww

もし仮に「キャリア無料相談」で相談スタッフに期待が持てないと思えば、やはり人間なので合う合わないは必ずありますので、GEEK JOBとは縁がなかったと、、損切して次に向かうべきです。しかし、今回新たな業界に一歩挑戦した自分を称え、挑戦を受けてくれたGEEK JOBにも感謝しましょう!
NEXT精神!が大事です。#イキルZwww.

しかし、縁がなかったと思うのはまだまだ早いですw。「無料キャリア相談」へ踏み込んだ勇気があれば、初めての業界に相談チャレンジしただけでも、相談スタッフの対応を通して業界風土のことを知ることができ、気づきや視野が広がる可能性のほうが大きいと思います。IT関連企業転職専門企業風土のリアルも知ることができるはずです。
そして、GEEK JOBの相談窓口を任されている洗練されたスタッフは、良心に従ってきっとあなたにGEEK JOBが蓄積した成功事例データやノウハウを余すことなく提供する覚悟で、できるとこまで相談にのってくれるはずです。

また金銭にゆとりがある方、相談スタッフと話しをして勝算がありそうだと思った方は、
IT関連転職サポートと有料学習プログラムのプレミアムコース期間3ヵ月約44万円)、他あり」についてしっかりヒアリングしておくべきです。
有料コースは、GEEK JOBの専属アドバイザーが、就職・転職達成を目標として、就職先取引企業が求める人材像のナレッジ学習やITエンジニアになるための最低限の学習ノウハウスピーディーフィードバックし、あなたをブラッシュアップして「ITエンジニアとして就職・転職できるよう」にサポート支援をしてくれて、希望の企業に合格できるように、成果物の作成などのサポートもしっかりしてくれます。自ら就職活動を行うより、GEEK JOBの提携企業先への転職なので、自分に最もあった企業を選択してもらうえる確率がすこぶる上がるはずです。未経験でもITエンジニアへの志とそれに伴う努力や頑張りがあれば、「捨てる神(企業)あれば拾う神(企業)あり」です。

プレミアムコースの価格は、GEEK JOBが蓄積したノウハウを凝縮したものです。例えば、定石どおりのITエンジニアの就職をしようと思ったら、専門学校や大学での専攻学科を卒業するのに何年もかけて習得できるものです。それが約3ヵ月に凝縮されている思えばとてもリーズナブルな金額と超短縮した学習プログラムになっているということです。もしこのコースと同等のものを自力で学習し転職するとしたら3ヵ月ではとても無理ではないかと思います。つまり、ITエンジニア関連に就職するということは、それなりの努力だけは困難で、その道の専門家に指導を受けながらコンパクト学習することが前提のジャンルと考えなければなりません。

企業はゴーイングコンサーンという命題を一緒にクリアーできる人材を常に探しています

外部環境に応じて企業も生き残りをかけて状況に応じた必要な人材を探しています。人材像は状況に応じて変化しているということです。採用というスタートラインに立つまで、採用合否判定に一喜一憂する必要も委縮する必要もありません。最終的には人と人なのですから、いつでもベストパフォーマンスが発揮できるようなコンディションとチャレンジ精神と日々学習精神を忘れなければ、自分自身が感じる後ろめたさを払拭でき、威風堂々と構えられるはずです。だってあなたはチャレンジャーなのですから。ここはあえて「春日さん」でいきましょうw。しかしあなたが忘れていはいけないのは、誰からも突っ込んでもらえないということだけは覚えておきましょうw
#ボケテモダレモワカラナイZwww

有料コースは、未経験者からのITエンジニアへのスタート学習プログラム支援と極成功率転職サポート環境が整っています

GEEK JOBは、「学びかた」を改革し、自ら学び自らサービスを創り出す人を増やすミッションにプログラミング学習や転職・就職支援、エンジニアの育成を行っている専門事業者です。

「オンライン」学習プログラムを提供

・学習におていは、「反復学習」がしやすい学習ツール提供を常に模索

・「自らも積極的に学ぶ姿勢」と「習得していくコツ」を学んでもらうために「現役エンジニアが学習をサポート」

・自分の将来設計の糧にもして頂けるように就職後の具体的な仕事内容案内や、自分の習熟度が上がるような「継続学習」も学習プログラムの中でつかんでもらい、自ら積極的に学習に取り組むことで「わからない」から「解決できる」ITエンジニア育成への楽しさがつかめるような支援サポートを提供できるようにGEEK JOBは注力しています。

29歳までのITエンジニア関連転職学習プログラム付き無料「スピード転職コース」をみてみる

※ITエンジニアに少しでも興味がある方、未経験だけど、全力でITエンジニアに挑戦してみたい方は、「無料カウンセリング」を設けています。

29歳までの対象ですが「最低限の学習で早く就職したい方」に無料「スピード転職コース」が用意されています。

①★「スピード転職コース」が受講料0円にできた理由は、就職先提携企業協力のおかげです
しっかり本気でITエンジニアを目指す方、学んでくれる方には、企業も先行投資を惜しまないということなので、しっかり学ぶ気持ちは強く持ってほしいと想定できます。
結局は自分のためにもなります。

②★最短就職22日 は、GEEK JOBが全力で取り組んでいる「ITエンジニアになるための学習プログラムツール」が、どれくらいの早さで習得できるかの1つの指標にもなります。

③★転職成功率97.8% 企業取引先3500社以上(そのうち、ITエンジニアを目指したい学びたいという志を信じてくれる未経験者就業先企業も500社以上)あることで、すこぶる高い就職率を実現できているわけです。

ITエンジニア関連の人材不足を補う取組の未来の推移予測

IT関連産業における年代別人材構成の変化
出典:経済産業省「ITベンチャー等によるイノベーション促進のための人材育成・確保モデル事業」5p
引用元「出典:経済産業省」日経コンピュータ2016.12.08号「ITエンジニア1万人実態調査結果」
「ITベンチャー等によるイノベーション促進のための人材育成・確保モデル事業」5p

・2030年を目標に今からITエンジニア関連の人材育成への取組に対しての年齢別推移でみると現在どれだけ「産官学」が本気でITエンジニア関連の人材育成と増員に取り組んでいるのかわかると思います。

GEEK JOBは、転職先企業成功率97.8%

・GEEK JOBは、ただの就職案内人ではなく。あなたのスキル学習サポートとあなたが希望する企業先像、就職先企業者の募集像などを随時情報共有し、適材適所を図る就職案内仕事人。

・「ITエンジニア関連転職希望者」「人材を探している企業」「双方の担い手になれるGEEK JOB」での3連携での情報共有は、著しく変化する外部環境が欲しい人材像を変えていくニーズにいち早く対応できることを実現しています。だから転職成功率が高いのです。

・転職成功率が高い要因としては「今」必要な人材像情報を随時、精査ができることで、
「企業が求める応募者像が外部環境によって変化」しても、
「応募者がプログラム学習によって見識を広げることで希望就職企業先が変化」しても、
その変化に迅速に対応できるマッチングシムテムが転職成功率97.8%という数値を可能にしているのではないでしょうか。

GEEK JOBは「学びかた」改革をテーマに、「ITエンジニアを育成する」有料学習事業サービスを提供しています

「自己啓発や自己学習して自らサービスを創り出す人を増やす」

「プログラミング学習や転職・就職支援」

「未経験から本気でエンジニアを目指したいという方への支援」

に特化して、「有料」で「ITエンジニアのプロ」を育成するためのプログラムを提供している事業サービスを展開しています。

経済産業省は2019年に、「IT 人材需給に関する調査」を発表し、今のままだと最大79万人近く人手不足なることを予測して、問題解決に早期に取組みはじめています

2019年
出所)2015 年は総務省「平成 27 年国勢調査」によるもの、
2016 年以降は試算結果をもとにみずほ情報総研作成 42p

今後、「AI」や「ビックデータ:」を使いこなし、「第4次産業革命」に対応したビジネスの担い手として「IT人材」の重要度がますます高まってくると想定しています。

「ビックデータ」:非構造化データを含むあらゆるデータ群
「第4次産業革命」:IoT=”Internet of Things”(様々なモノがインターネットに接続された相互制御)やAI(人口知能)、ビックデータを用いた技術革新のこと

「産学官連携」も、それぞれが強化目標を掲げて活動がもう始まっています。

・国では「AI」教育の基盤推進を推し量る

・大学では「AI」への人材供給力を高められる学習場の構築

・企業では、企業内育成・人材確保強化を目標に「AI」人材育成を推進

先端IT人材の需要に伴う、人員配置の構成

・「従来型IT型人材」から、「先端IT人材」へのスキル転換

・AIを実現する数理モデル(AIモデル)を構築する人材(AIサイエンティスト)の育成には、「博士号を有する」など、高度で専門的な学術素養も育成できるインフラ整備も同時進行しなければならないとされている。

・ソフトウェア開発や実装を担う人材(AIエンジニア)には、AIモデルやその背景となる技術的な概念を理解した上で、そのモデルをソフトウェアやシステムとして実装する能力や、既存のAI機能を搭載した新たな開発が求められるとされています。

・AI活用やビジネス企画を担う人材(AIプランナー)に関しては、その育成方法が確立しているわけではないので、AI促進牽引を担う人材育成方法など早急に検討していく課題もでてきているようです。

2030年時点でのIT人材需要供給の差は16万~79万人と想定

需要が供給を上回る予測想定がすでに分かっている(最大79万人の不足)ので、その差を埋めるべく産学官連携は今後ますます盛んに連携していかなければならないと想定されているようです。

企業内育成・確保の強化

・高度なAI人材に関しては、大学等の専門教育を拡充していくことが有効であると考えられている

・企業では、AIの実装を担う人材(AIエンジニア)やAIの活用を牽引する人材(AIプランナー)の育成を図る必要があるようです。

・AIの浸透がもっと進めば、AI活用のアプリケーションを提供する人材に加え、活用する人材(AIユーザー)も必要になり、AIの活用能力を高めるための教育・育成機会が必要となるとされているようです。

AI活用人材の育成

・今回の試算では、AI活用が一般化される中で、多くの人材にAIツールの活用能力に加え、AI活用のリテラシーや、その基本となる情報活用に関するリテラシーも向上してくことが求められているそうです。※リテラシー(読解記述力:適切に理解・解釈・分析をして改めて記述・表現する能力)

・AI活用に関する教育機会をもっと充実していくためのインフラ整備も同時進行で必要となると想定されているようです。

・産業界では、AI活用への教育機会はもちろんのこと、AI以外の分野にもAI教育を盛り込んだ教育システム構築も必要となり、全体的な情報共有と向上を目指していかねばならないとしているようです。

(引用と参考:経済産業省委託事業の調査報告書)
平成 30 年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備
(IT 人材等育成支援のための調査分析事業)
- IT 人材需給に関する調査 -
調査報告書
2019 年 3 月
みずほ情報総研株式会社

この機会に資格にも挑戦して、アイデンティティツールもプラス

この機会と合わせて、例えば、スタディングなどのeラーニングなどで同時に学習することで理解を深めれるチャンスだと思います。

未経験だと勉強する機会がなかなかないですし、モチベーション維持も本当に大変です。勉強する時は、何かしらのペースメーカーがあったほうが、頑張れます。

現在スタディングには、IT系に役立つ資格として
ITパスポート
基本情報技術者
応用情報技術者
の、3つの資格教材があります。

スタディングのサービスの中には、同じ境遇の仲間とつぶやくSNSツールサービスも活用することができますので、同じ志仲間がいることで励みになるとおもいます。

また、スタディングはeラーニングなので、通勤時の行き帰りなどの隙間時間で音声での

反復学習ができる強力な便利ツールになります。短い間の反復学習効果は、「エビングハウスの忘却曲線」でもあるように記憶効果に期待ができます。

GEEK JOBにはあなたをかぎりなく転職サポートできる万全体制がすでに整っています

あなた自身がチャレンジしてみたい気持ちと自ら進んで取組む姿勢がある限りGEEK JOBは、
「支援するための万全の準備が整っています」
「専属のキャリアアドバイザーが一生懸命あなたをサポート支援します」
「GEEK JOBは、学んでもらうためのナレッジや学習ノウハウも惜しみなくあなたへ提供します」
そして、あなたが自身が自分と向き合って自己啓発に取り組むなら、GEEK JOBは最後まであなたにプログラミング学習サポートを行い転職支援をし、自ら学び自らサービスを創り出す人を増やす「ミッション」にコミットしてくれると思います。

そして、チャレンジャー精神を持ち続け最後までしっかりカリキュラムを習得した方には、GEEK JOBは高い転職率であなたにマッチングした就職支援を実施できる準備がすでに整っています

(20220829)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
・202405 月間2000PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics