写真や動画 ピクセル(pixel)=画素とは 初心者向け案内 もう迷わないシリーズ

1 min 7 views

ピクセル(pixel):画素とは

「pixel」は日本語で「画素」

ピクセル(pixel)とは、
・画像やディスプレイなどを表示するために使用されている最小単位のマスのこと
・我々が見ている画面は、小さなマスの集合体なのです
・1マスに対して1色を超絶高速で連続点灯させていくことで、我々は動画としてみているわけなのです

ピクセル(画素)は1マス1色なのです

例)下の画像サイズ「512×512」単位ピクセル
※下が画像でいうと512個×512個のマスが並んでいるということになります
※画素でいうと512×512=262144になるので約26万画素(ピクセル)
※4K=約830万画素(ピクセル)
※ちなみに億単位の画素撮影もできるカメラもあります。動画ではまだまだ無理でしょう、、

1041%(152×152)まで拡大すると

拡大4163%(38×38)
※1ピクセルの四角がだいぶ見えてきました

5000%以上は無理でしたが、あとはマスの数が少なるだけでした15×15
※縦横にマスの数が15×15にならんでいるのが分かってきましたね。マス自体の色は1色ですが、膨大に凝縮することで模様が見えてくるということです

以上より、マスの数が多くなればなるほど、画像が滑らかになっているように見えるため、キレイに見えるのでした

このマスの数を多くするのに技術や部品が必要になってくるため製品が高額になっていくわけです。

綿密度(めんみつど)

・同じ画面サイズに1ピクセル(画素)を小さくして増やしているわけです
例)YOUTUBEの画面サイズ
4K=3840×2160p
FHD=1920×1080p

・上記でわかるように、四角を小さくして数を増やすととても滑らかに見えますよね

色深度(いろしんど)

・表現可能な色の数を示す表現

・色の濃さ

RGB(red,green,blue,)

・見えている色は、たった3つの三原色から作られています(赤、緑、青)

・1ピクセツの色は全てこの三原色から作られて1色を作っています

・この色を作る段階の数が多いほどグラデーションになりキレイに見えるわけです

(202406)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
・202405 月間2000PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics