所管省庁など 返済不要の補助金とは 初心者向け案内解説 もう迷わないシリーズ

4 min 42 views
補助金 返済不要 もう迷わないシリーズ

※一部PRコラム

年間「数千種類以上」近い補助金が更新されていて、毎年申請できる機会があることをご存じですか?

補助金とは)
・「新規」の事業の支援、業種転換、事業再編など主に「新たな」事業発展を対象としたもの
「経済産業省」系が主な管轄
主な財源は税金
申請して採択されて、「交付決定通知」が届いた後から初めて使える経費費用で、さらに、購入先もどこからでも購入していいわけではないようです。ですので、購入前には購入タイミングや購入先が経費として認められるかどうかも事前確認しておく必要がありますので細心の注意が必要です
申請時に申請した内容でかかった経費などが、全行程の必要申請・実績書類などの提出物を全て提出して不備がないと認定されて、初めて数カ月後に受給される、返済不要の制度です

補助金とは申請通りに遂行した数カ月後にもらえるお金のこと

申請して受理される確率は、「予算」があるため申請内容の優れた上位「60%めやす」ほどらしいです

主に「経済産業省系管轄」が事業者のために「新規」事業等をサポートするために補助しているお金のこと

もらえる補助金額は、最大2/3めやす

もらえる補助金額は、基本的に確定ということもなく、当初の計画どおりいかない場合は減額、受給できない場合もありますので、入念な計画性が必要とされているようです

もらえるのは、半年~約1年後以上後めやす

補助金がもらえるまでの工程

①申請

②採択

③交付決定通知が届く(申請総額に対する補助金額の見込み決定額)
「補助対象経費」〇〇円
「補助金の額」最大約2/3の金額

④補助金を申請した事業の開始
決定通知が届いた後」以降に購入したもの、契約したものなどの経費が対象となる
また、購入事業者の選定も間違うと経費対象外となるので購入先も細心の注意が必要

⑤当時の申請通りの実績報告書の作成と提出(証拠書類となり補助金額に影響する
※証拠書類は、経費を使う上で適正性や購入事業者はちゃんとした事業を行っている事業者かどうかなど、見積書、契約書、納品書、請求書、領収書など、実際に取引があった実践的な段取り工程事実を確認をするために必ず必要となってきます(偽造・不正申請防止のために厳正されています)
一般的な個人がやってるECサイトなどでの購入や個人間での売買などでは取引証拠書類として認められませんので、購入先に迷ったら申請窓口に電話確認などを先に必ずしておくべきです

経済産業省は、「小規模事業者持続化補助金」などに使える「販路開拓・生産性向上を目指した取組に要する経費」として使用する際の注意事項を掲載していますので、積極的に閲覧しましょう

⑥申請内容どおりかの検査

⑦検査後に補助金額の決定

⑧請求

⑨入金(数カ月後~年単位後)

資金提供場所と目的の明確化

・政府、自治体、非営利団体、企業などから提供される資金支援制度の1つ

・「新規」の事業のプロジェクト、活動、目的を達成するための資金を提供し、それを支援するための財政的な支援なので、目的にあったプログラムを探す必要があります

対象

・補助金は、「新規」の事業の教育、環境保護、文化、福祉、研究、起業支援など、さまざまな分野で提供されています

・申請条件や対象となる団体やプロジェクトは、提供元の期間やプロブラムによって異なるので、頻繁に検索する必要があります

利用方法

・詳細は、主に提供元の公式サイトなどで確認が取れます

・応募要項は、応募書類の作成や提出、審査通過などの手続きが必要

・活動やプロジェクトの計画や予算の作成、進捗状況報告などの責任が伴います

受給期間と制約

・補助金はある一定期間後(半年~1年半)に必要条件を満たして初めて受給されます。途中で継続が難しくなったり、制約や必要条件を満たさない場合はもらえなくなります

受給後の報告義務

補助金を受給したでも、進捗状況や成果について機関に報告することが求められることがあります

該当する補助金を見つけることが困難

・やりたい事業を中心にして補助金を見つけたり、補助金ありきで新たな分野の事業をはじめるのも目標設計もしやすくなることもあるかもしれません

・事前にどんな補助金があるのかを知っておくことも重要です

・また、補助金は都道府県全てで、年間数千種類以上ほどあるようで、受付期間などもあるので、事業に該当する補助金を見つけるだけでも大変な作業になります

補助金申請どうやって申請するの?

自分でも可能ですが、自分で作成した申請内容がそのまま査定されるので、それなりの表現や言い回しが必要になり、結構な学習量になりますが、毎回提出を考えている方なら、自分で作成できるようにしておくことは経費削減にもなります

有資格者に依頼する場合は、補助金は実際経費の最大2/3めやすが対象となり、結果的に給付された補助金額に対しての10%めやすの成果報酬を支払うことになります。依頼先に要確認

・補助金の代行は、独占業務ではないようですが、主に「行政書士」となっているようです

・依頼するなら、自分が補助金を申請したい分野のエキスパートに依頼申請(費用はだいたい成功報酬で補助金の10%前後?)するのが良いようです

補助金申請方法などのサポートはどこで受けれる?

まずは、お近くの「商工会・商工会議所」で相談を受けれますので、早めに問い合わせて確認しておきましょう

前提として自助努力が前提になっている補助金なので、丸投げではなくサポートしてらうぐらいのつもりで依頼しましょう。2回目以降は自分でできるような心意気で取り組みましょう

・依頼先と自分との相性も大事にしたほうが良いです。依頼主みんなが同じスキルでベストなことをしてくれるわけではありません。あなたの良き理解者になってくれそうなエキスパートを時間をかけて探しましょう

・「商工会・商工会議所」では、まずは事業発展に伴う相談をメインにしている「中小企業診断士」が相談窓口になります。いろんな業務を行う上で必要な許可など行政への書類申請等の「行政書士」、税金専門の「税理士」などが多いいようです。自分の相性の良い話やすい有資格者を選びましょう

「商工会」と「商工会議所」の名称違いトリビア

利用者からすれば、どちらでもいいのですが、施行内容も異なっているようなので、そこに働いている方たちとスムーズな意志疎通をする上で「商工会」か「商工会議所」かを認識しておくことで、双方に話がスムーズになる部分も出てきますので、しっかり認識を高めていきましょう

商工会

・比較的に小さいエリア、穏やかな市、町、村、など永住者が多く町に根付いた活動範囲になっているようです

・多くが「小規模事業者」や「個人事業主」で、9割を超える地域

商工会議所

・比較的に、発展的な主要な市や特別区にあって比較的事象規模も大きめ

補助金事業事務処理マニュアル

補助金の解説案内手引

(202401)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
・202405 月間2000PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics