日本人の発見が世界を動かした「オゾンホール」とは 初心者向け案内解説 もう迷わないシリーズ

2 min 35 views

「検索 オゾンホールとは 気象庁公式サイト」などより、引用・参考

オゾンホール(ozone hole)とは、
・大気中のオゾン層が通常よりも著しく低いオゾン濃度エリアになっていて現象

オゾン層の役割

オゾン層は地球の上層大気に存在し、紫外線を吸収して地表に到達する紫外線の量を調節する役割を果たしています

日本の国立極地研究所が発見

・南極観測は1957年に「昭和基地」をベースに始まったそうです

・オーロラの観測や厚い氷床の堀削、鉱物の調査や隕石の発見、動植物の調査など幅広い活動をしているようです

・1970年代から1980年代にかけて、南極大陸上空のオゾン層で著しい減少が観測され、これが「オゾンホール」として広く知られるようになりました。

・この現象は、オゾンを破壊する物質である「フルオロカーボン(CFCs):通称フロン」などの人工化学物質の大気中への排出が主な原因とされています。

フロンがオゾン層を破壊すると

・オゾンホールは環境への重大な影響をもたらす

・オゾン層の減少によって、地表に到達する紫外線の量が増加し、これによって皮膚がんや白内障などの健康リスクが高まる

・また、オゾン層の減少は生態系にも悪影響を及ぼし、植物や海洋生物などに影響を与えることが懸念

フロン削減への世界的取組

・国際的な規制措置やCFCsの使用の制限によって、オゾンホールは徐々に縮小

・これまでの取り組みによってオゾン層回復の兆しが見られており、国際的な共同努力によって環境保護が進められてきているようです

オゾンホールを発見したら

・もし実際にオゾンホールを発見した場合は、その情報を環境保護機関や科学機関に報告することが重要

一般人でも見つけることができるのだろうか、、ここは観測隊の皆さんに任せよう!感謝です!

(^-^;

世界の意識で復元されていくオゾン層

・観測データより「1980年以前」と「1990年以降」をグラフでみると世界の意識でオゾン全量は現事傾向がみられなくなっているのが分かると思います

国土交通省 気象庁 オゾン層減少推移グラフ
国土交通省 気象庁 オゾン層減少推移グラフ

・他の関連カテゴリーはこちら

(202306)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics