Word Press プラグイン Intuitive custom post order 投稿記事の順番を変える もう迷わないシリーズ

5 min 131 views
word press plug in intuitive custom post order

【7日間無料トライアル】クラウド型検索順位チェックツール【Nobilista】をみてみる

※Word Press テーマ「THE SONIC」を使用中。

ドラッグ&ドロップで並べ替え可能なJavaScript

現在、まだまだ学習中なのですが、間接的に「Intuitive custom post order」は「ドラッグ&ドロップ」が機能していると確信した自分の事例を紹介します。検証ができていないので、不十分ですが実際に体験したことなので参考になれば、、、(学習中)

はじめに 

・ⒶIntuitive custom post orderプラグインだけでは、「カテゴリー順番並び替え機能:ドラッグ&ドロップ機能」は使えるようになりませんでした。。。が、Ⓐを「有効」にすることで、ⒷやⒸを「有効」すると「Ⓑ記事やⒸカテゴリーの並び替え」ができるようになるための拡張プラグインなのかなあ、、、と、

理由は、振り返ると今回の事例は、

Intuitive custom post order「有効」状態では、ⒷⒸ共に利用できていた

「Post types order」「有効」状態で「並べ替え」アイコン生成され機能していた

「Category Order Taxonomy Terms Order」「有効」状態で「タクソノミーの並び替え」アイコンが生成され機能していた

ⒷⒸは、ⒶIntuitive custom post orderの「有効」状態プラグインを「無効」にして削除した時にⒷⒸとも利用ができなくなってしまっていたのです。(学習継続中、分かり次第追記)

「Post types order」は、後から分かったのですが、「有効化」ボタンが押せる状態になっていたので解除されていた。この時「並べ替え」アイコンがあったかどうか気が動転していて確認していません。。が、投稿一覧で記事が「ドラッグ&ドロップ」できなくなっていた。

「Category Order Taxonomy Terms Order」は、「有効」のままだと思うのは「タクソノミーの並び替え」アイコンはあるが、開くと以前あったカテゴリー一覧がなくなっていた。。

という過酷な状態を経験しました(完全にフリーズして頭真っ白状態)

(ここからは、自分の失敗エピソードです)

①上のⒷⒸつとも「有効」状態で利用できていた状態が、Ⓐ「Intuitive custom post order」プラグインを削除してからⒷⒸの機能は使えなくなってしまった。。
・時間をかけて作り上げた「カテゴリー」ページも「空」になっていた。。
・「やってしまった(気が動転していた)」、、とりあえず元に戻そうと四苦八苦、、、
・どんな操作をしていたか振り返り、とりあえず再度、削除したプラグイン「Intuitive custom post order」をもう一度インストールしようと思ってWord Pressのキーワード検索「Intuitive custom postorder」をコピペして検索しようと思ったら、、「プラグインが見つかりませんでした。他の検索条件をお試しください。」。。「え!っ」なんで、、、、3回くらいやるも同でてこない、、、あせりはMAXオーバーで完全に頭真っ白状態。。

(Ⓐ削除後に起こった衝撃的な内容)
・Word Pressの投稿Ⓒ「タクソノミーの並び替え」画面では「カテゴリー一覧」が全て消えている。。
・投稿「カテゴリー」の中身も「並び替えたカテゴリー一覧」が全て消えている。。
・気が動転してⒷ「並び替え」画面があったかどうか覚えていないが、並び替えたはずの記事が全てなくなっている。。
・「投稿一覧」の画面では、記事の順番変更「ドラッグ&ドロップ」ができなくなっている。。
・さっきまで作成していた記事は、なくなっていない!じゃっかんの救い。
冷静ではなかったので、どこの操作でこうなったのかわけがわからないくて完全に意識がもうろうとしてる状態で、ここまでの操作や設定、作っていた記事とか時間とか、全部が無駄、、、半泣き、
※この辺の操作記憶は、かなりのショックでしたのでじゃっかんあいまいな部分があるかもしれません。

CONOHAの復元をやろうと思ったら、「リストア」までの操作案内しかない。。。
・その先は、CONOHAの管轄ではないということと解釈するしかない。。

③ここから先の復元操作手順は、知らないと操作できないのに、その操作案内が簡単に見つけられない、、「完全に落胆して終わったあ」となっている精神状態だけどけど諦めるわけにはいかない。。

④復元操作方法は問題がないうちに学習しておくことを心に誓いました。。でもどこにあるの??

⑤他の記事も見たのですが、CONOHA復元操作の途中までの操作「リストア」をするというところまでの案内はあるのですが、その先の操作方法記事を見つけることができません。。。(20220622学習予定)

⑥Word Press 記事の復元も探すも自分の知りたい、CONOHA「リストア」の続きの肝心な復元操作部分を見つけることがなかなか探せません。。

⑦検索して出てくるのは、「簡単」復元操作と、似た単語ばかりのサイトが1ページ目にズラッと、複数覗くもない、、、知りたい続きのある記事を見つけられない、、、

⑧自分の知りたい記事を見つけられず、検索表示は似たようなサイトは省かれるはずなのに、似たような記事ばかり、、、さすが、上位表示にくるように対策してあるサイトの猛者の方々だと感心しながら、、

⑨40分以上くらい探したと思います、、、なんとか復元操作らしい記事を見つけましたが、初めてのことなので、操作画面と案内記事を見ながらの操作をするわけですが、この操作が合っているか間違っているのは全くわからないわけのです。。。

⑩操作案内途中の画面と操作画面は部分的には合っているけど、自分の知識がなさ過ぎて、案内についていけなし、操作案内も見慣れない画像で、しかもじゃっかん違うし、非常にあいまいな状態で操作してました。。
※少しでも操作画面が違うと操作手詰まりになるのは、素人パソコンあるある、、、

⑪しかもパソコン操作というのは車に例えるなら一般道ではないので、やってしまったら後戻りできない操作もあるので「スペースマウンテン」に乗っている心境でした。。

広告にある「レンタルサーバーなど復元機能付きで安心」だけを信じていた自分は、こんなにも操作案内が不十分だという想定が全くできなかったので、本当に終わったと思いながら操作して、結果は、はやり想定通りあいまい操作だったので、復元できませんでした。。ある意味これで良かった。。今回は、、、

⑬で、もう一度、ダメ元で削除した「プラグイン」を前の状態に戻してみようと完全に折れていた心の状態で操作を開始したのです。。

(※時間のある方だけに問題です)
(ここからは、自分の失敗エピソードです)から、ここまでに1か所の致命的ミスのせいで、⑬までの道のりになってしまったのですが、読んでいる時すでに分かっていて、今時点で、その1ヵ所に気づけている方は「すごい!!」です。その方は、はじめの段階で解決できてます。「あなたはもう素人ではないです!」初心者と慣れている方のパソコン操作の「差」ってこういうことです。。。

ヒント:①にあります。

ヒント②:Word Pressのプラグイン新規追加時のキーワード検索にいれるプラグイン名

正解は:下

「Intuitive custom postorder」と「Intuitive custom post order」の違い

⑭改めてWord Pressのプラグイン新規追加で「Intuitive custom postorder」を別の記事サイトからコピペしても、やはりプラグインが見つかりませんでした。他の検索条件をお試しください。と出ます。さっきまでこのプラグイン入っていたのに、、なんでだと、、

⑮正解部分は、「postorder」➡「post order」の「スペースがなかった」だけ、、、、

気を付けよう!Word Pressでの「検索キーワード」に入れる「スペース」

エピソード完

教訓2つ

・Word Pressのプラグイン新規追加時のキーワード検索の入力時の注意

・復元の操作方法を認識しておく

Intuitive custom post order は機能していた

「Intuitive custom post order」を削除したことで機能していたことが認識できた
ちょっと怖いのでもう一度検証確認を試せないのですが、、、

「Intuitive custom post order」機能の気づきまとめ(再検証してないので体験談として)

①Ⓐ「Intuitive custom post order」プラグインをカテゴリー順番変更のプラグインとしてインストールして「有効」にしたのですが、目に見えた設定や「アイコン」が増えたとかはないのですが、目に見えないところで機能しているかもしれないと「有効」のまま放置していました

②で、Ⓒ「Category Order Taxonomy Terms Order」を見つけて「カテゴリー順番変更」したいと思ってインストールして「有効」ですぐに、左投稿欄に「タクソノミーの並び順」のアイコンが新設されました。「タクソノミーの並び替え」画面で念願のカテゴリー入れ替えが可能に。1年越し。

③次に「投稿一覧」の「記事の順番を入れ替えたい」とⒷ「Post types order」を「有効」にして共有設定画面で「設定保存」したら、左投稿欄に「並び替え」アイコンが新設されました。
・「投稿一覧」でもページ内での入れ替えができますし、「並べ替え」画面では、記事がタイトルだけになり、並び替えが可能になりました。1年越し。

④念願の「カテゴリー順番入れ替え」「投稿記事や投稿前記事の順番入れ替え」ができたので、Ⓐ「Intuitive custom post order」プラグインは、必要ないから削除したら、上記の(削除後に起こった衝撃的な内容)になってしまたのです。。Ⓑ「Post types order」も勝手に解除されていたようで「有効化」ボタンが押せるようになっていたのです。。

※本当は、もう一度「検証して確認したい」気持ちはあるのですが、勇気がないのでできません。。並べ替えも100記事あるので、大変なので、、、これがもっと記事が多かったらと想像すると、、機能を知らないプラグインを安易に「無効化」するのはやめようw

⑤再度Word Press内でキーワード検索欄にⒶ「Intuitive custom post order」を入力してプラグインをインストールして「有効」にして、Ⓑ「Post types order」も「有効」にしてみたら、(削除後に起こった衝撃的な内容)が元にもどっていたのです。あの時、復元してしまっていたら、20時間以上の記事作成が全て無駄になっているところでした。。。「なんてラッキーな結末!至福」

ただし、「プラグイン」を解除した扱いなるようなので、再度「カテゴリー順番」「投稿記事順番」の再並べ替えは必要でした。

続く

(20220623)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
・202405 月間2000PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics