Amazonアソシエイト ②ジャンルを選択 もう迷わないシリーズ

2 min 77 views

(コラム②)
現在検索した時に、だいたい上位にいるサイトは、ほとんどが「ジャンルに特化した記事サイト」です。もし得意分野がある方は構築も早くできると思います。では、自分のように何もない方は、地道に記事を1つずつ増やして継続して、いつになるかはわかりませんが時間が解決してくれるのを待つしかないですねww

ジャンルに特化したサイト記事が良い理由とは

専門性の高さが感じられるから

・特定のトピック(話題)について専門的な情報を提供することで、読者がその分野に精通していると思います。
・情報の信ぴょう性や詳細な知らない情報をまとめて知ることができる一括性なども効果も打ち出せると思います。

ターゲット層の明確化

・特定のターゲットに向けて情報を提供することは、例えば、スポーツ、医療、ゲーム、など自分が知りたい情報を総合的に知ることができるかもしれないという期待感を与えられることにもなると思います。
・さらに、記事を書いている方の経歴などに専門性があると、ハロー効果をより一層高めることもできます。

ユーザーエクスペリエンスの向上

※ユーザーエクスペリエンス(User Experience、略称:UX)とは、ユーザーが製品やサービスを使う際に感じる全体的な印象や満足度のことを指しようです。どれだけ使いやすく、満足感のあるものであるかという点に焦点を当てているようです

・読者が求めている情報に簡単かつ迅速にアクセスできるように設定します。これによって頻繁に訪問してくれる確率が上がります。これはなかなかの博識と博学を持ち合わせていないと難しいですが。

コンテンツの管理

・ジャンルに特化することで、特定のトピックのコンテンツを管理しやすくなると思います。これによってコンテンツの品質を維持することで、幅広く記事の信頼性を高めることができると思います。

(コラム③)
自分は、理解できていても残念ながら実際にはできませんw。何の専門性もないし経験は経験であって信頼性とは別の話ですから。
ですから、実際にジャンルに特化した分野を勉強してきた方は、多くが現在そういうサイト構成になっていますし、輝かしい経歴がさらにサイトの信頼性を高めているのはご存じかと思います。

どのジャンルにするかで記事サイトのアクセスが決まるとしたら

自分が興味を持っている分野を選択

・この部分は本当に大事なことで、にわかに決めたジャンルだと、書くことがなくなったり重複してしまいます。自分が一番興味がある分野を選択するほうが書くことも楽しいですし、書くためにおさらいや調べたりする機会にもなりますので、自分の見識も広がると思います

ニーズがある分野を選択

・現在のマーケットやニーズを調べて、需要の高いジャンルを選ぶことが重要です。需要や流行りに乗れば、実力以上の追い風効果もありアクセス数や読者が増える確率も上がると思います。

競合がどれくらいの規模なのかを調べておく

・検索してどれくらの記事がすでにあるか認識しておくべきだと思います
・競合が多い場合は、見つけてくれる確率も低くなりますし、すでに投稿されている可能性が高くなります。その中で独自性のある記事や特徴を出すことは非常に険しい道のりになる可能性があります。

自分の能力や経験をそのまま伝える

・自分の得意で実際に活動しているジャンルであれば、かなりリアルを伝えることができるので、中身のある記事に仕上がると思います。

将来性があるかを見極める

・どれくらい需要があるかどうかを先読みすることで進化する時代が追い風となり長期的な運営を可能にするでしょうし、ライバルが簡単に追いつけない領域まで到達できるかもしれません。

(コラム④)
自分の興味や能力、市場ニーズなどを考慮して、ジャンルを選ぶことが本当に大切だと思います。自分にはできませんでした。。まだ、ジャンル選びができていない方はしっかり煮詰めて、のびしろがあるジャンルか、常に最新の情報が更新されるかどうかを限りなく想定することで質の高い記事を発信することがファンを増やすことになるのではないかと考えます。


(20220516)(202304)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
・202405 月間2000PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics