カット野菜 危険 初心者向け案内解説 もう迷わないシリーズ

3 min 32 views

※タイトルは「上位サジェスト」より、「検証ワード」として抜粋

はじめに

・カット野菜は、本当に「危険性」のカテゴリーに入るか検討してみることにしました

・すべての内容は、「検索」によって抜粋

・限りなく、権威性のあるサイトを引用・参考

・Ⓐ食品衛生環境構築を推進している発信場所から、カット野菜が販売されるまでのⒷ「サプライチェーン」のどこに危険が潜むのかを、リテールマーケティング視点で考察する

Ⓑサプライチェーンとは

製品やサービスが生産者から最終消費者に至るまでの一連の活動やプロセスの流れを指します。

工程をわける

今回は、飲食店で使われるケースを想定しました

①原材料の調達
②加工(カット)
③物流
④販売
⑤流通
⑥店舗販売方法によって店舗内加工
⑦消費
の工程を簡単にカット野菜になるまでを分けて考えていきます

①原材料の調達

・野菜は農家から

・大量仕入れになればなるほど、機械レーンを使って野菜を洗って土などを落とします

・葉っぱも外回りは取られて、機器で同じ長さにカットしているようです

※大量消費が考えられる場合は、この工程段階からその先の工程や工数削減するために、加工しやすいようにしていくと考えるのが普通です

②加工(カット)

・カット野菜専用工場は、いろいろ検索致しました

・タイムリーな「カット工場」案内でわかりやすかったので取り上げさせて頂きました
(ANNnewsCHより引用)

・大量の水で洗う

・人の目で仕分けチェック

・機械でカット

・異物チェック

・何個ものチェックゾーンを抜けて、やっと袋づめされています

この状態をかいくぐれる生物はいないと考えるのが妥当ではないかと考えられます

・もし、いたとしても、果たして生きていられるかどうか

カット野菜は鮮度が大事なので、③④⑤の時間は、鮮度野菜に負担がかからないように冷蔵輸送がスタンダードです

この案内動画からわかるように「企業は、常に食の安全に取り組んでいます」

⑥⑦店舗販売方法によって店舗内加工

・店舗では、そのまま使う場合と水道水(次亜塩素酸ナトリウム)でも消毒効果があるため、ひたしておいたりします

・その際にもう一度品質チェックをして選別します

・作業がしやすいように、別の容器に移されます

・注文に応じて決まった量を使います

提供までに単純に4回のチェックが入ります

ここまでの工程を考えて、もし、生き物がいたら相当なずさん管理になると思います

(;^ω^)

ⒶHACCPとは

食品等事業者団体が作成し、厚生労働省が内容を確認したもの

※HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point:危険分析と必須管理ポイント)
食品を製造する際の工程で危険要因(ハザード)を分析し、最も効率よく管理し食の安全性を高度に保証する衛星管理の1つのようです

・食品衛生上の危害の発生を防止するために、特に重要な工程を管理するための取組

・取り扱う食品の特性等に応じた取組

食品加工業者にほぼ義務づけられています

・「HACCP」の手引書は食品加工業態によって作成されているようです

※条件がありますので、該当しない場合は、「HACCPに沿った衛星管理」の対応が不要となる場合もあるようです

・カット野菜製造環境設備は、まずは保健所の審査をクリアーしています

・我々が店頭で購入する場合は、全ての「カット野菜」のほとんどが厳密なルールによって安全性を厳守されているはずです

「HACCP」に基づく衛星管理の手引書

【一部引用】

営業者(集団給食施設を含む。)は、食品衛生法施行規則に定められた「一般的な衛生管理」及び「HACCP」 に沿った衛生管理」に関する基準に従い、
①衛生管理計画を作成し、食品等取扱者や関係者に周知徹底を図ること
②公衆衛生上必要な措置を適切に行うための手順書を必要に応じて作成すること
③衛生管理の実施状況を記録し、保存すること
④衛生管理計画及び手順書の効果を検証し、必要に応じてその内容を見直すこと
が求められています。

以上の内容は、厚生労働省「HACCP」より引用・参考

ここまで、調べる限り食品衛生環境は、ある程度明確なルールで構築されていることがわかりました

結論

・カット野菜は「危険」という上位「サジェスト」より、検索して調べてみましたが、どこが危険なのかは、見つけることができませんでした

・大量消費されているので「※慣行農業」が主流となっていると思います

※慣行農業とは、
・一般的な農業の方法や手法のこと
・長年にわたって農業者によって行われてきた慣習や経験で成り立っていること
・法律で決められた農薬、肥料を基準範囲で使用する

・競争社会で生き残るためにうまれた手段や方法は、消費者が安価なものを選択することからうまれた手法です

・安価にするためには、農薬や薬を使うしか方法がないのに健康を心配するエンドユーザー

・大量消費になれば、保存期間が少なくてすむはずなので、薬剤に依存する必要がない部分もでてきていると思います

以上より、
・安全に対するインフラ整備は常に企業努力と注力されている
・衛星管理規基準もルール化されている
・通常の大量消費型専門工場ならカット野菜は「危険」からは、ほど遠いエリアにいる
・異物混入(生物含む)になる確率も極めて低くなるように構築されていることがわかったと思います

(202305)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics