無料で使えるPOSレジなら スマレジ 飲食業の場合 もう迷わないシリーズ

4 min 163 views
20220822 スマレジ 無料で使える POSレジ スマレジアプリ 資料ダウンロードサービス

※この記事には一部PRが含まれます
※画像は、スマレジ公式サイトから引用

・2023年7月時点で「スマレジ」アクティブ店舗数38000店舗以上!

POSレジとは

・「POSレジ:Point of sales cash register」。単語の意味は「販売時点現金記録」

POSレジを使うことでレジ業務時間が大幅に削減されます

(飲食業態の場合)
・当日分のレジを起動
・すぐにタッチ操作できるので注文記録の抜け漏れ軽減
・伝票記入していた手間暇や記入による読みにくさの削減(商品はタッチパネルから選択)
・注文時はすぐにキッチンへ注文シートで反映、メモ機能による伝達の手間暇の削減(有料プリンター別)
・現時点でのご利用金額の確認のスムーズさ
・会計時の自動計算によるスムーズさ
・領収書(有料プリンター別)
・営業終了時のレジ絞め(営業終了で当日分が自動集計)
など、レジ業務全般の作業が効率がよくなり、その時間をサービスや接客対応などに時間を割くことができるようになります。また、当日分の各販売数もすぐに確認できます。

・手書き伝票を使っていた場合は、伝票管理や追加伝票や、注文キャンセル時の手間暇など、POSレジに変えた時の快適さは非常に体感しやすいです。
・すでにPOSレジを使っていて機能に満足していない方は、「スマレジアプリ」を使用して無料で試すことができます。

無料で使えるスタンダードなレジ機能は「スマレジアプリ」で登録をすればすぐに操作を試すことができます

「スマレジアプリ」を操作するには、「スマレジアプリ」がダウンロードできる「スマホ」などのタブレット端末を持っている必要があります
➡持っていない方は、1台で何役もこなせる「スマレジ・PAYGATE」を同時導入検討もオススメ

電子マネーからクレジット決済までPAYGATE1台でOK!

・はじめて「スマレジ」を利用する方は「スマレジ」アプリをダウンロードして、「アカウント登録」をすれば、すぐに操作が試せるようになります。

(スマレジアプリがダウンロードできる端末があれば、下記機能全て無料で使えます)
・レジ販売
・レシート印刷(有料プリンター別販売)
・点検・精算
・取引履歴䛾閲覧編集
・商品点数 1,000 件まで
・商品数量管理
・締め処理(日次・月次)
・目標予算管理
・売上分析
・免税販売対応
・カスタマーディスプレイ
・NON-PLU 対応

操作方法は業態別に「無料で資料ダウンロード」や「資料請求」できますので、まずは自力でできるかどうかすぐに試すことができます。

・実際に店舗では入力した商品価格などが「POSレジ」として機能しているか確認しながら操作方法の実践練習を兼ねて利用することができます。

・「現金だけ」のやり取りでの簡易的な対面接客での販売業務に適しています。

※カード決済なども利用したくなった場合は、別に申込が必要になります。

POSレジの高機能を利用できる有料プランは、毎日の売れ行きチャート分析が自動になり、効率よく販売計画を立てやすくなります

・お店をしていると、自分のやり方が「あっている」か、「あっていない」かを、常に知りたくなると思います

・とりあえず、お店をやりたいという気持ちだけが先行して、いざ開始すると思ったように売り上げも上がらなかったり、「販売商品の選定」に悩んだりすると思います

・自分の設定した価格が「高い」のか「低い」のか、分からないのでとりあえず、まずは「原価率」だけで値段設定していると思います

・価格を微妙に変更した時に、販売数が「伸びている」のか、「伸びていないのか」しっかり分かるように販売数の記録管理を1つ1つすることは大変な労力になると思います。

さらに他にもやることが毎日たくさんあります。
「安価な仕入れ先」
「現在の取り扱い商品が適正かどうか」
「各メニューの売れゆき」
「新メニューの作成」
「POP作成」
「店舗内オペレーションのスタッフ育成」
「在庫管理」
「販促全般」
などなど、毎日一人でこなすには本当に大変です。

確かにPOSレジを導入しただけでは、販売数や売上が直接上がるわけではありません

POSレジの仕様を使いこなすのも時間がかかります

将来的には、毎月払う「POSレジ」費用さえ負担になってくることも十分考えられます。

しかし、POSレジの仕様さえ習得できれば、毎日入力していく販売実績データから売上分析などが自動生成されます。商品の売れ行きから価格設定を見直したり、売れ筋、死筋商品の選定判断がしやすくなったりと、実績データから読み取りやすくなります。月々の有料プランにしたとしても上記内容作業を1日の人件費くらいで済み、かつ、ミスがなく、販売状況が一目で分かる「チャート」にまでなっているとしたら、すぐに販売戦略の見直しに時間を割くことができるようになり、売上を伸ばす施策を考える時間を確保できる機会が増えます

スマレジ仕様のさらなる高機能を活用すればPOSレジは、外部環境に対しての方向性を見定める「気づきツール」になります

お店を初めて開業した時から、「外部環境」に影響を受けない日はありません。過去の振り返り、現在、近い未来、遠い未来、経営者は、現在のマーケットや社会情勢の動きから目が離せません。
「自分の経営に対する考え方」
「自分で考えた運営の方向性」
「自分で考えたいち早い流行りの取り込み」
「自分で考え新たなことを始める時のスタッフ育成や案内説明」
「自分の考えた新しい販路の開拓」
などなど

確かにPOSレジを導入しただけでは、自分への助言はしてくれません

自分の業態強化になる「サプライチェーン」や「バリューチェーン」のブラッシュアップ方法を解説してくるわけではありません

エンドユーザーによる購買プロセス「AIDOMA」や「AISAS」などが、自分の運営・販売方針にどう当てはまっているかを直接教えてくれるわけではありません

しかし、POSレジのプランによっては、スマレジ専属スタッフから、販売戦略のチャートの見方や目的や使い方を案内してもらうことができます。そしてしっかり見方を習得できれば今までの販売蓄積データ管理は、チャートで瞬時に理解できるようになり、自分の考えで運営する商品販売に対しての結果を「俯瞰的」に確認することができます。
・自ら選んだ商品の販売数を俯瞰的に観た時、「何が売れていて」、「何が売れていない」
・販売実績から販促効果や、なぜ売上が落ちたのかなどの振り返りやすり合わせ
・売れている商品で利益を上げるためにサプライチェーンの見直し
・販売実績データから販売商品のブラッシュアップ、そしてバリューチェーン構築へ
・前年度などの販売実績からわかる季節指数や今年度の見込み売上に対する計画がたてやすくなる
など、POSレジでの蓄積データは自分が考えた運営方針が実績として精査された過去データにもなるので、振り返りには貴重な情報にもなり、刻々と変化する外部環境であるレッドオーシャンの中でも、次の一手や新たな計画に早期に着手できるようになるはずです。

まずは、業種別に資料も用意されていますので、スマホやタブレット端末がある方は、無料サービスの「資料ダウンロード」を活用して、スマレジアプリをすぐに試すことができます。

スマレジでIT導入補助金対象者かどうかの確認

すでに「他社のPOSレジ」を利用していて、「高機能クラウド型スマレジのPOSレジ」を試してみようかと少し考えている方は、現在の端末でもスマレジアプリがそのまま使えそうか、あるいは、足りない機器の購入にIT導入補助金が使えるかどうか先に確認をしておくと計画がたてやすくなると思います。

(202208)(202301)(202308)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics