洋菓子店 閑散期 売上を上げる対策ツール機能があるスマレジのPOSレジ もう迷わないシリーズ

7 min 109 views
スマレジのPOSレジ 洋菓子店の閑散期を売上アップにする 対策と方法


※画像は、スマレジ公式サイトから引用してます
※一部広告

・2023年7月時点で「スマレジのPOSレジ」アクティブ店舗38000店以上
(登録者数だけで例えるなら、全国都道府県での飲食店営業施設数が2番目に多い大阪府で、ほぼ登録されているくらいの数です。「厚生労働省:衛生行政報告例より」

閑散期になぜ売上をあげれるのか?

秘密は、「プッシュ戦略」と「プル戦略」を同時に行えるツールです。

それは、POSレジにスウィーツ店のために特化した「便利な機能」を増やしたり、拡張した「専用アプリ」が開発されたからです。

LINEを活用したユーザー目線での管理が可能に
・機能性が優れたLINEを活用できるので、操作も慣れているので使いやすい
・ポイント残高の表示や、予約したケーキのお渡し日もすぐに閲覧できるようになってます

【ユーザーの大切なお友達などの誕生日や記念日登録機能】
・登録やアラームセットもなかなか忘れがちになります。そんな縁のあるタイミングを逃さないように、ユーザーからお預かりした記念日の2週間前に、LINEに自動的にお祝いメッセージできるアラーム機能がついてます。
・しかもそのまま、オンラインでケーキ注文などが可能になってますので忘れてても安心。

【リザーブマネジメント(予約管理)】
・メンバー登録している方であれば、タッチ操作だけで済み、顧客情報を聞く必要はありません。サイフを重くするメンバーズカードも必要ありません。

スマートフォンをレジで「ピッ」とかざせば、あとは「受取り日」と「時間」を選ぶだけ。予約時の時間やストレスを限りなく軽減できるようになります。さらに、
・メッセージ予約の管理
・変更
・キャンセル処理
も簡単です。
リザーブマネジメントアプリでは、予約集計表が自動生成しますので、特にクリスマスやイベント時には業務が激減します。

【12月24日25日のクリスマスなどの繁忙期の予約販売管理】
スマレジPOSレジと連携することで、ケーキの事前予約販売が簡単に受付できることで店頭で
・「いつ」
・「誰に」
・「どのケーキ」
をお渡しすれば良いのかの受け渡しが簡単になることで、
・「混雑時のミスの軽減」
・「人件費の削減」
・「店内オペレーションの簡略化」
など、業務効率が飛躍的に上がることで、その時間を接客サービスに活用できる可能性が上がります。

【お誕生日は閑散期を無縁にしてくれるかもしれない大事な財産です】
・繁忙期にしっかり取りこぼしなくユーザー獲得をすることは、閑散期のためになります
・実は今までユーザー台帳管理や整理が一番大変だったんです。その膨大な大事な顧客データが、自動的に作成され、LINEを活用して、様々な販売促進に活用できるようになるのです。
・機能がない時は、迫りくる注文管理やユーザー管理、DMやチラシなど本当に膨大な時間がかかっていたのです。それがユーザー情報と配信サービスが連結することで販促が飛躍的にやりやすくなるわけです。
※決して乱用な扱いにならないようにユーザー情報は大事に扱わなければなりません。

【購買履歴からAIが自動判断するメッセージの送信】
・ユーザー情報と「スマレジのPOSレジ」の購買履歴を連結することで、データを元にしたLINEメッセージのセグメント配信(ユーザー情報を条件別で分けたもの)を可能にしました。
・適切なタイミングや配信内容が自動化になることで、「ユーザーの未読スルー」や「登録解除要因」になるような煩わしい無暗な一斉送信を削減できることも可能にします。

スウィーツに特化したPOSレジを無料相談できる特設フォームから予約時間を指定しておく。またはみてみる スウィーツに特化したショールーム場所が分かる特設サイトをみてみる

スマレジは「Forbes」からも評価されています

スマレジは「アメリカの経済誌」のアジア版『Forbes Asia』が発表した「Asia’s 200 Best Under A Billion」に「堅実な収益性、成長性を維持した企業」として評価され、アジア太平洋地域200社の中で日本は29社選ばれ、その1社として、2020年と2022年の2回の選出となったようです。
(FORBES公式サイト(英文)よりスマレジが紹介されています:引用)

POSレジを検討中の方には無料で実践操作が試せます

・「POSレジ:Point of sales cash register」。単語の意味は「販売時点現金記録」

スマレジのPOSレジを使うことでレジ業務時間が大幅に削減されます

(イメージ)
・当日分のレジを起動
・すぐにタッチ操作可能
・注文時に金額合計表示を活用すればユーザーの方も予算内で購入できるので安心で親切
・領収書(有料プリンター別)もすぐに出せる
・営業終了時のレジ絞め(営業終了で当日分が自動集計)
など、レジ業務全般の作業が効率がよくなり、その時間をサービスや接客対応などに時間を割くことができるようになります。また、当日分の各販売数もすぐに確認できます。

店舗で手書き伝票を使っていた場合は、スマレジのPOSレジに変えるだけで、伝票管理や追加伝票や、注文キャンセル時の手間暇などが全て削減されるので、使い勝手に慣れると快適さはすぐに体感できると思います。
店舗ですでにPOSレジを使っている場合は、「スマレジアプリ」の仕様やプランメニュー詳細については「無料資料ダウンロードサービス」を活用したりできます。
ダウンロードサービスを活用したけど、やっぱりよくわからない方は、「専門スタッフによるオンライン無料相談窓口」も利用できるますので、実践的な質疑応答で認識が早まります。
オンライン無料相談では、スマレジが今の運営状況には、どのプランが適切なのかを判断してくれますし、ランニングコスト想定やレジ周辺機器の見直しなどの良い機会にすることができます。

とりあえずスマレジの無料資料を特設サイトからダウンロードして読んでみる

無料で使えるスタンダードなレジ機能は「スマレジアプリ」登録をすればすぐに操作を試すことができます

「スマレジアプリ」を操作するには、「スマレジアプリ」がダウンロードできる「スマホ」などのタブレット端末を持っている必要があります
➡持っていない方は、1台で何役もこなせる「スマレジ・PAYGATE」を同時導入検討もオススメ

電子マネーからクレジット決済までPAYGATE1台でOK!

・はじめて「スマレジ」を利用する方は「スマレジ」アプリをダウンロードして、「アカウント登録」をすれば、すぐに下記操作が無料で利用できるようになります。

(スマレジアプリがダウンロードできる端末があれば、下記機能全て無料で使えます)
・レジ販売
・レシート印刷(有料プリンター別販売)
・点検・精算
・取引履歴䛾閲覧編集
・商品点数 1,000 件まで
・商品数量管理
・締め処理(日次・月次)
・目標予算管理
・売上分析
・免税販売対応
・カスタマーディスプレイ
・NON-PLU 対応

資料だけでは、操作方法があいまいな部分は「専門スタッフとオンライン無料相談」が活用できます。また、実際に実機操作できる「ショールーム」が近くにあれば、無料で「ショールーム予約」もでき、専門スタッフから実機操作の案内説明を体験することもできます。さらには、現在運営中の自分の店舗規模にあった「レジ関連機器の導入検討相談」や「IT導入補助金最大75%」などを活用した場合の簡易的な見積もりも確認することできます。もちろん無料スタート検討もOKです。

とりあえず、補助金適応対象者かどうかをみてみる

電話サポートは、プレミアム プラス から利用可能

・初めての方は、POSレジ導入に悩んでいるようであれば、「専門スタッフとオンライン無料相談」を活用して、自分の店舗での運営内容を全体的に専門スタッフに伝えるだけで、今の現状に合った適正なプランの案内を受けれます

・メニュー項目全てが、それぞれに意味がありますので、仕様を理解して見方を覚えることで、運営への視野が広がる部分も出てきます。ある程度覚えたらプランメニューの確認のために「専門スタッフとオンライン相談」を活用して、メニュー意図や、なぜこのメニューができたのかの背景を改めて確認することで、思わぬ気づきを実店舗で活かすきっかけになるやもしれません。

・電話サポート付きプランから開始して、操作になれたらプランダウンするなどもできます。

・悩んでいる方ほど「専門スタッフとのオンライン相談」を利用するほうが早く解決できます。
・専門スタッフは、誰でも通る初心者の
「目線」
「認識できるまでの過程」
「理解できるスピード」
などをしっかり理解してくれてますので、スピーディーな質疑応答をしてくれます。

ものすご~くゆる~い軽い気持ちでオンライン相談の予約をしておく。またはみてみる

スマレジの高機能にはそれぞれの意図があります

・お店をしていると、自分のやり方が「あっている」か、「あっていない」かを、知りたくなると思います

・とりあえず、お店をやりたいという気持ちだけが先行して、いざ開始すると思ったように売り上げも上がらなかったり、「販売商品の選定」に悩んだりすると思います

・自分の設定した価格が「高い」のか「低い」のか、分からないのでとりあえず、まずは「原価率」だけで値段設定していると思います

・価格を微妙に変更した時に、販売数が「伸びている」のか、「伸びていないのか」しっかり分かるように販売数の記録管理を1つ1つすることは大変な労力になると思います。

さらに他にもやることが毎日たくさんあります。
「安価な仕入れ場所の模索」
「現在の取り扱い商品の適正性」
「商品の売れ筋、死筋」
「メニューの作成」
「POP作成」
「店舗内オペレーションのスタッフ育成」
「在庫管理」
「販促全般」
などなど、毎日一人でこなすには本当に大変です。

はじめは、POSレジの機能の見方や使い方の習熟度が上がるまで多少は大変ですが、毎日POSレジを使用することで操作も覚えるようになり入力したものが自動集計され情報データとして閲覧でき期間データとしてみやすくなるので、あいまいな記憶に一喜一憂することも少なくなると思います。

顧客情報管理データ」もセキュリティにしっかり守られるようになり、ロイヤルティ別にサービスの差別化することで、顧客満足度を上げる施策にも取り組めるようになると思います。

POSレジの仕様に不慣れな部分は、手引き書と電話でのスマレジ専属スタッフ案内サービスを同時利用することで、徐々にスピーディに解決できるようになると思います。

毎月払う「POSレジ」費用も、1店舗あたり「1日の人件費」めやすくらいで、1ヵ月分の販売データが自動精査され、売上分析チャートなどもすぐに確認できるようになるので、価格帯の適正具合や販売数などの結果もまとめてみることができるようになります。

高機能なPOSレジの仕様さえ習得できれば、
自動生成してくれる「売上分析」
「顧客管理」
・1店舗でも時間を取られる「在庫管理」
・スタッフのタイムカード連携で一目でわかる「勤怠」
「会計ソフト連携」
などにかかっていた作業時間がスマレジの機能を活用することで大幅に削減できるようになるはずです。

その削減した時間を
「現在の運営方針や売れ行きに対する施策を見つめ直す時間」
「スタッフへの育成時間や業務上の情報収集」
にあてることができます。

月々の有料プランにしたとしても
1日の人件費めやすで済み
ミスがなく、販売状況が一目で分かる売上分析にまでなっている
としたら、
・すぐに販売戦略の見直しに取り掛かることができ
新たな施策を考えたり、計画を立てたりすることができ、
早期判断の取組活動は習慣化し、売上を伸ばすための「PDCA」サイクルを実現することができるようにもなるはずです。

スマレジのスペックを最大限に網羅すれば、運営全体を可視化することができ、外部環境に素早く対応できる「気づきツール」にもなります

お店を初めて開業した時から、「外部環境」に影響を受けない日はありません。過去の振り返り、現在、近い未来、遠い未来、経営者は、現在のマーケット、世の中の社会情勢から目が離せません。
「自分の経営に対する考え方」
「自分で考えた運営の方向性」
「自分で考えたいち早い流行りの取り込み」
「自分で考え新たなことを始める時のスタッフ育成や案内説明」
「自分の考えた新しい販路の開拓」
などなど

スマレジの主な高機能を使いこなせば、運営状況を大局的な視点でみれるようになります

「売上分析」「複数店舗管理」「予算管理」「PL管理」からサプライチェーン」や「バリューチェーン」のブラッシュアップに素早く対応できるようになるかもしれません。

「顧客管理」から販促効果をすり合わせることで、自らロイヤルティ分析をして、購買プロセス「AIDOMA」や「AISAS」などの気づきになり、効果的な販促効果を考えることができるようになるかもしれません。

免税対応」機能で海外からの観光者向け取り扱い商品幅も広げやすくなるかもしれません。

軽減税率対応」機能では、仕分けも楽になるはずです。

などなど

POSレジの仕様に対してのスマレジ専属のエキスパートの電話サポートがついたプラン選択で、販売戦略のチャートの見方や目的や使い方を案内してもらうことができます。そしてしっかり見方を習得できれば今までの販売蓄積データ管理は、チャートで瞬時に理解できるようになり、自分の考えで運営する商品販売に対しての結果を「俯瞰的」に確認することができるようにもなります。
・自ら選んだ商品の販売数を俯瞰的に観た時、「何が売れていて」、「何が売れていない」
・販売実績から販促効果や、なぜ売上が落ちたのかなどの振り返りやすり合わせ
・売れている商品で利益を上げるためにサプライチェーンの見直し
・販売実績データから販売商品のブラッシュアップ、そしてバリューチェーン構築へ
・前年度などの販売実績からわかる季節指数や今年度の見込み売上に対する計画がたてやすくなるなど、POSレジでの蓄積データは自分が考えた運営方針が実績として精査された過去データにもなるので、振り返りには貴重な情報にもなり、刻々と変化する外部環境であるレッドオーシャンの中でも、次の一手や新たな計画に早期に着手できるような「気づきツール」として、「スマレジ」は沈黙しながらも毎日のデータを収集し蓄積し、精査した状態で表示してくれます。

スマレジでIT導入補助金対象者かどうかの確認を先にしておくべき

すでに「他社のPOSレジ」を利用していて、「高機能クラウド型スマレジのPOSレジ」を試してみようかと少し考えている方は、現在の端末でもスマレジアプリがそのまま使えそうか、あるいは、足りない機器の購入にIT導入補助金が使えるかどうか先に確認をしておくと計画がたてやすくなると思います。自分の店舗の運営状態に「どういうレジ設備機器」が必要で「どういうプランメニューが適切」かを理解できるまで何度でも「専門スタッフとの無料オンライン相談」を利用することができます。また現在の各業種が機能をどのように活用しているかの最新情報を聞ける場にもなるかもしれません。

(202208)(202209)(202301)(202308)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
・202405 月間2000PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics