SMEの商用活性化への支援策 もう迷わないシリーズ

3 min 47 views

SMEは、Small and Medium-sized Enterprises(中小企業)の略称

・「検索 SMEの商用活性化への支援策」で調べました
・自分の「経験による解釈」や「思ったこと」なども含まれています

商用とは、商品やサービスを販売して利益を得ることを目的としている活動

・AIツールも「商用」の1つであり、無料が「お試し」であるという認識を高め、全てがビジネスのためであるという認識を高めなければなりません。
・「無料もビジネスの1つ手法」であり、無料で試せる機会を与えてくれていることにもっと感謝しなければなりません。
商材として完成するまでに膨大な資金と時間、労力がかかっているからです
・軽率な商法「見出し」で、「無料」が当たりまえのように軽薄化されがちですが、無料は製品の入り口に過ぎませんし、無料域からでないと本質的なスペックの恩恵を利用することはできません

AIツールは、商用サービスにつなげるための「有料ツール」という認識を高めることで、各事業者の提供サービス内容や範囲を認識して、堂々と「商用利用」させてもらいましょうw

(; ・`д・´)

中小企業とは「商用」を行うための「手段や方法」の1つ

・以外と自分の勤めているいる企業規模や日本にある企業数を知ろうと思う方も少ないと思います

数百万社の企業が、「商用」をしているということになります

・世の中は、お金という共通ツールを使った経済の中には、企業の数だけ「商用」方法があるということです

企業規模別企業数の推移(1999年~2016年)

・2021年では日本の企業数は約450万社のようなので、400万~500万社の間を推移しているようです。

・世界規模で観た時は、これの何百倍にもなるわけです

・この中はビジネス社会で成り立っていることが改めて認識できたと思います

1.中小企業者の定義

業種分類・団体独立行政法人中小企業基盤整備機構法・施行令の定義
※1.と2.のいずれかに該当する者
製造業、建設業、運輸業その他の業種資本金の額又は出資の総額3億円以下の会社常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人
卸売業資本金の額又は出資の総額1億円以下の会社常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人
サービス業資本金の額又は出資の総額5千万円以下の会社常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人
小売業資本金の額又は出資の総額5千万円以下の会社常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人
ゴム製品製造業(自動車又は航空機用タイヤ及びチューブ製造業並びに工業用ベルト製造業を除く)資本金の額又は出資の総額3億円以下の会社常時使用する従業員の数が900人以下の会社及び個人
ソフトウェア業又は情報処理サービス業資本金の額又は出資の総額3億円以下の会社常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人
旅館業資本金の額又は出資の総額5千万円以下の会社常時使用する従業員の数が200人以下の会社及び個人
その他団体等・企業組合・協業組合・事業協同組合、事業協同小組合、協同組合連合会・水産加工業協同組合、水産加工業協同組合連合会・商工組合、商工組合連合会・商店街振興組合、商店街振興組合連合会・生活衛生同業組合、生活衛生同業小組合、生活衛生同業組合連合会直接又は間接の構成員の2/3以上が、資本金の額若しくは出資の総額5千万円(卸売業は1億円)以下の法人常時50人(卸売業又はサービス業は100人)以下の従業員数・酒造組合、酒造組合連合会、酒造組合中央会直接又は間接の構成員たる酒類製造業者の2/3以上が、資本金の額若しくは出資の総額3億円以下の法人常時50人以下の従業員数・酒造組合、酒造組合連合会、酒造組合中央会直接又は間接の構成員たる酒類販売業者の2/3以上が、資本金の額若しくは出資の総額5千万円(酒類卸売業者は1億円)以下の法人常時50人(酒類卸売業者は100人)以下の従業員数・内航海運組合、内航海運組合連合会直接又は間接の構成員たる内航海運業者の2/3以上が、資本金の額若しくは出資の総額3億円以下の法人常時300人以下の従業員数・技術研究組合
直接又は間接の構成員の2/3以上が、中小機構法第2条第1項第1号から第7号までに規定する中小企業者であるもの

2.小規模企業者の定義

業種分類・団体独立行政法人中小企業基盤整備機構法(小規模企業共済法・施行令)の定義
※1.~3.のいずれかに該当する者
工業、鉱業、運送業、サービス業(宿泊業・娯楽業に限る)その他の業種常時使用する従業員の数が20人以下の個人事業主又は共同経営者常時使用する従業員の数が20人以下の会社の役員
商業(卸売業・小売業)、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)常時使用する従業員の数が5人以下の個人事業主又は共同経営者常時使用する従業員の数が5人以下の会社の役員常時使用する従業員の数が5人以下の士業法人の社員
企業組合その事業に従事する組合員の数が20人以下の企業組合の役員
協業組合常時使用する従業員の数が20人以下の協業組合の役員
農事組合法人農業の経営を主として行う、常時使用する従業員の数が20人以下の農事組合法人の役員

(トリビア)商用サービスを行うために国が行っている支援策

・「商用」への認識が高まったところで、では自分が「販売側」になる時に、国はいろんな「商用」にするための支援策がある認識も高めておくことは、ビジネスチャンスを活かすことができるかもしれませんよww

資金調達の支援

・中小企業は、資金調達のハードルが高い傾向にあります

・国は資金調達しやすくするために、「低金利率の融資制度」「保証制度の整備」「クラウドファンディング」の支援など、さまざまな支援策を行っているようです

規制緩和

・中小企業は、大企業に比べて規模が小さいため、「規制の遵守:じゅんしゅ」(=法律、規則、規定、条例などの規制や規程に従って行動すること)には多大な労力とコストがかかる場合があります

・国は、中小企業の事業活動を促進するために、「規制緩和」を行うことができます

人材育成

・人材の確保や育成は大きな課題です

・国は育成に対して、研修制度の整備(助成金や給付金など)や人材紹介サービスの提供など、様々な支援策を行うことができます

・海外展開の支援

海外展開の支援

・国内市場が限られる中小企業にとっては、海外展開は事業の拡大につながる重要な手段になります

・国は、貿易・投資関連の情報提供や海外ビジネスマッチングの支援など、様々な施策を行っています

(202305)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
・202405 月間2000PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics