Panasonic 目もとエステ EH-SWシリーズ 軽量 スチーム機能があるのはPanasonicだけ もう迷わないシリーズ

20 min 127 views
Panasonic EH-CSW67 アイキャッチ 

健康な方は気づきにくいPH(ペーハー)濃度。温泉水99(ph9.9)を試してもらい方は、食が細い方、水が飲みづらく感じている方、1日の摂取水量が足りない方など、、実は普段の料理に使う水道水(約ph5.8~8.6)、市販のドリンク(ph2~7)のPHが身体に影響しているかもしれません。→今なら初回限定お試しセット1.9L×6本990円送料込み(1本165円)販売中をみてみる#イキルZwww

(※製品写真・スペックはPanasonic公式サイトから引用・参考)

Panasonic 目もとエステ EH-SWシリーズ 2012年9月から販売

・「目もとエステ」がテーマ

・女性の美容ニーズに対応し、「温スチーム」「リズムタッチ」で温めながらうるおいのある明るい素肌へと導く「温感美容」を女性に提案。

・昨今のOA機器やスマホなどの需要伸びを見越して、目周りのケア製品として男性にもターゲットを広げる。

・販売開始の2012年から2016年までの累計販売数は80万台を突破し、利用者の約80%以上の方が満足しているという評価を獲得しています。

EH-SWシリーズ共通基本スペックと注意事項

・目、肌などのトラブル防止についてや使用できない方への注意事項(コンタクト、レーシック、目の病気など)

・推奨使用頻度は、はじめは1日1回温度「低」を週2~3使用後約1か月からは、1日1回の使用がめやす過度な使用はかえって肌によくないからです。温度も高いと感じたら低くしたり、コットンを挟むなどして使用するように丁寧に案内されてますのでしっかり読んでおきましょう。

・2012年9月から「目もとエステ」シリーズ発売開始

・温熱じんわりスチーム(2段階)

・リズムタッチ(2種類)

・約1時間充電(室温0℃~35℃)で1回約12分が2回利用可能(自動オフタイマー付※充電中は使用不可

・(C)は、EH-SW、EH-CSWの2つの種類があり機能は全く同じなのようです。

・取り外し可能なバンド付き。「C」がついているほうが、バンドの色が「グレー」。基本は「ブラック」

「C」がついている型番は、問い合わせると「一部の量販店モデル」になっているだけのようです。

・海外使用時の注意事項

寿命約3年(寿命がくると使用時間が極端に短くなるそうです)

・型番の最後の「-P,-T」などはカラーを示しているようです。

EH-SW50-P/S 生産終了

2012年9月発売 EH-SW50ーPピンク

発売日 2012年9月(2013年6月時点で累計販売20万台突破)

・共通基本スペック

・利用者のうち男性が約3割

EH-SW51 52 生産終了

2013年9月発売 EH-SW51うるおい
2013年9月発売 EH-SW52

発売日 2013年9月1日

・共通基本スペック

・「約6分間自動オフタイマーのリズムモード追加」

・EH-SW51(うるおいタイプ)は、EH-SW50のスチームを10%増量が特徴

・EH-SW52(リフレタイプ)は、新開発・強弱の変化の多い新・リズムタッチが特徴

EH-(C)SW53(ビューティタイプ) EH-SW30(リフレタイプ) 生産終了

EH-SW53
EH-SW53
EH-SW30
EH-SW30

発売日 2014年7月22日

・EH-SW51と同じスペック

・EH-SW53は、「鼻あてパッド追加」で密閉感の向上。じんわりスチーム

・EH-SW30は、新開発「アイホール集中スチーム」。42℃の高温を搭載した3段階の温感モード搭載

・ここまでの累計販売台数は45万台(2014年5月末時点)

EH-(C)SW54-P(ピンク調)/T(ブラウン調) 生産終了

2015年発売 EH-SW54PT

2015年11月1日発売

・EH-SW53と同じスペック

・うるおいスチーム

・アロマタブレット装着部分追加

・お試しアロマタブレット付属追加

EH-SW55-P(ピンク調) 生産終了

EH-SW55

2016年10月21日発売

・EH-SW54と同じスペックと付属付き

・アロマタブレットを2種類増加(ティートゥリー、イランイラン)

EH-(C)SW65-W(白)

2016年9月 EH-SW65-W

2016年9月15日発売

・EH-SW54と同じスペックに温度「高:42℃」追加

・たっぷりスチームに改良、新形状の給水プレートと小型ファンの採用で、スチーム量が「EH-SW54」の約2倍※に増量。目元を集中保湿

※使用後の水分付着量を人体モデルで測定。当社従来品2015年発売EH-SW54(22mg)と新製品EH-SW65(63mg)との比較(自社調べ)

・小型ファンによるスチーム吹き出し量の制御で、最後まで温感を維持

・使用シーンに合わせて選べる3つのリズム(コース)を搭載

・アロマタブレット装着部分なし

・累計販売85万台に

EH-(C)SW66-W(白) 生産終了

EH-SW66

2018年2月21日発売(EH-SW56-P 同日発売 すでに生産終了)

・EH-SW65と同じスペック

・アロマタブレット装着部分をプラス

EH-(C)SW67-W(白) 生産終了

2019年2月27日発売 Panasonic EH-CSW67

2019年2月27日発売

※(EH-SW57:同日発売 EH-SW54と同じスペックと付属品 すでに生産終了)

・EH-SW66と同じスペック

・販売価格22800円

EH-(C)SW68-N(ゴールド調) 国内・海外両用

・20220427時点での最新モデル

Panasonic EH-SW68-N

2020年5月1日発売

・EH-SW66と同じスペック

・販売価格24400円込

・ACアダプターコード約1.8m。付属品で本体固定用バンド付き。

※海外でご使用の場合には、国や地域に合わせて別途プラグアダプターが必要だそうです。

充電時間約1時間(充電中はランプ赤点灯・完了は消灯)で、1回12分自動オフタイマー×2回分が使用可能。

開始は、電源部分を1回押すと温度「低」スタートから開始。2回目で「中」。3回目で「高」。4回目で「終了」。

たっぷりホットスチームは、給水プレートに水を付着させた状態で装着して開始後1分25秒で機器が温まりしだい中央部の小型ファンが自動停止・回転を繰り返し適度な温熱スチームを循環してくれて目もとを集中保湿してくれます。(ファンの音は扇風機を回すような小さな音がします)

Panasonic EH-SW68 温熱イメージ
Panasonic自社調べでは、4つ(目もとの角質層の水分量、目じりのうるおい、目もとのハリ感、目もとの明るさ)において未使用より効果があったという結果が出ています。
Panasonic EH-SW68 温熱維持効果
温熱スチームが終わりまで温かい状態を維持してくれる結果も検証済です。

・3段階の温度設定(低:約38℃ 中:約40℃ 高:42℃)ボタン1つで簡単に設定ができ、どれかを必ず選択しないと動作しません

・3段階のリズム設定は軽いバイブレーションがリズミカルに動作(リフレッシュ約12分、リラックス約12分、クイック約6分)ボタン1つで順番に簡単設定できます。

・温度設定を選択した状態で、リズムランプを消灯状態にすれば、リズムOFF約12分モードにもなり、温熱スチーム動作のみ(自動回転・停止を繰り返す)にもできます。

※別売りでアロマタブレット装着可能

【別売品】給水プレート シリコンパッド、鼻あてパッド、バンドの価格めやす(ネット検索調べ)

・給水プレート700円程度

・シリコンパット2300円程度

・鼻あてパット1700円程度

・バンド600円程度

【別売品】アロマタブレット<100 % 天然精油>日本製(Panasonic公式サイトより)

・メーカー希望小売価格  全5種類 各2750円(税込)(各4個入り)

真正ラベンダー(品番EH-4S11):ラベンダーの代表格で、フローラルで爽やかな香り

ベルガモット(品番EH-4S12):柑橘系で清々しく爽やかさを感じさせるシトラスの香り

ゼラニウム(品番EH-4S13):甘いミントベースに、ほのかなローズの香り

ティートゥリー(品番EH-4S14):クールで清潔感のある、ウッディな香り

イランイラン(品番EH-4S15):濃厚な甘さを感じさせる、エキゾチックな香り

●使用回数

※スチーマー:約15回分/個(12分使用時) 目もとエステ:約30回分/個(12分使用時)

※アロマタブレットの使用回数の目安は商品によって異なります。

まとめ スチーム機能があるのはPanasonicだけ

・基本スペックは、2012年の発売開始からの仕様を基本としているようです。

・寿命は約3年とされていますので、型番は発売からどれくらいたっているのか目安にもなります。

・価格は、販売店によって本体も別売品も機種によって異なります。購入の際は型番もしっかり確認しましょう。

・メインスペックとしては、スチームの量が2種類に分かれたのとアロマタブレット装着できるかどうかです。また、6分クイックモード機能、高温42℃設定が機種によって追加されました。

・2018年2月発売の「EH-SW66」から全ての機能がつきました。(マッサージモード設定が3段階、温度設定が3段階、たっぷりスチーム、アロマタブレット装着可能、付属バンド)

・スチーム量による効果は、給水プレートの水分量を自分で調整することできるので現在のスペックに統一されたのではないかと自分は考えます。

・EH-(C)SW68(同日発売2020年5月)が現在では、最後のモデルとなっています。

どれを購入するか迷って、とりあえず中古を選択した理由

中古を選択した理由は、結論から言うと、

・アイマッサージャーは初めての購入だったので、想定外だった場合の損失を最低限にしておきたかった。結果は、購入して良かった。次の買い替えは、新モデルを購入したいです。

・発売時期に関わらず、スペックはあまり変わっておらず、価格差もあまり変わらないので絞り込みが困難だった。後継機は機能幅が増えている

数年落ちでもスペック機能や価格に大差がないことから、試すことを前提に考えれば、半額以下の中古品を選択するのが良いと考えた。

・中古品のネット購入は、しっかり機器が見れないのが不安要素ではあるが、ここ数年のAmazonの応対品質の向上や、販売している取り扱い商品を複数回購入した時の商品案内説明の誤差が大筋間違いがないことや、購入後のアフターサービスも向上しているので、中古品の商品説明内容・状態の告知などの信ぴょう性なども信頼できると考えれました

・最新モデルを購入しようと思っていた「Panasonic 目もとエステシリーズ」は、だいたい1年ごとに最新モデルがでていたようですが、2020年5月にEH-(C)SW68が出てから、2年近く最新モデルが出ていないと気づきました。

・そして、Panasonic公式サイトをよく調べると、2018年のEH-SW66からスペックが全く同じであることを知りました。

・旧型の価格も最新モデルを購入するのと大差のない価格幅だったので、試してみて思ったより良くなかったことや寿命3年と考えると最新モデルのスペックで半額で買えるなら、2、3年落ちでも、状態の良い中古品なら十分ではないかと考えたのでした。

実際に購入して、購入前にある販売店の商品説明通りの商品で、状態も想定より良かったことに驚きました。これが新品ですと言われても疑う余地がないくらい擦り傷もない商品でした。大満足な中古品でした。

(ひとり言)

自分は、中古品は使用期間も不明で、運要素が強いカテゴリーになるのは、購入者は承知の上だと思ってます。ですから、購入者がどんな状態のものを購入するのかという事前説明は、販売側の真摯さに委ねるしかない部分だと思ってます。

なにより、日本では希薄がちになっている販売姿勢に対する真摯さや親切心を、Amazonが実践できていることに驚愕しています。この部分は、どこの企業も大変としている部分で、実は当たり前にできるようになるわけではないのです。それは、応対者の習熟度を上げるのが非常に困難だからです。教育や習熟度を上げるにはお金も時間もかかります。応対者がある程度スキルが身につくまでもコストとしてかかっています。自分は値段とサービスは比例している関係だと考えますがサービスの線引き認識がズレている企業が多くあると感じています。確かに商売上のサービスとは、利益があってはじめて着手できるゆとりであり、Amazonは膨大な量をこなすことで利益を確保しながら、利益を社内インフラ整備に循環させ、サービス向上と維持にあてているのです。この循環は、Amazonをもっと日本に根付かせ強固にしていくだろうと思いました。この仕組み化を完成させたのは、Amazonの経営理念の1つに過ぎませんが、実践するということは本当に困難なことだと考えています。それは企業が巨大化していくと、サービスへの標準化がどうしても疎かになっていったり後回しになってしまう企業が多くなっているように感じているからです。それは安く販売することに特化している分、その削った利益分のサービスは手薄になって良いと考えているからだと思います。しかし商品に関わる案内やアフターケアやサービスは商品とセットと考えるべきだと思います。それは、ネット販売が主流になった現代では、類似品が増え、粗悪品も増えているからです。しかし、事前案内がちゃんとできているかどうかで、その粗悪品は良品という対象にもなりえるのです。これからのネット販売店は、親切心や誠実さが伴わないと継続できなくなると考えます。ジェフ・ベゾスさん!、たった1つの中古品の販売に対してまでも、Amazonの経営理念がいきわたっている社内インフラの構造は、どこぞの知れない自分まで恩恵が届いていますよぉ。現場責任者へ感謝。

Panasonicを選択するまでの背景

・目もとの温かくなるアイマスク1回使い切りを利用していた。

・最近頻繁に利用するようになった。

・アイマッサージャー製品の存在を最近知った。

・検索するとアイマッサージャーの種類は豊富にあり、価格帯も3000円~25000円の幅はあるが機能は似ていることに気づいた。

温熱部分は、とくに説明がないものや遠赤外線のじんわり温めるグラフェン加熱があるものやスチーム機能があり、なんとなく想像できた。マッサージ機能はバイブレーション機能なので想定できた。自動オフタイマー付きは必要だと考えた。バンドで固定する場合、接触部分への締め付けがあるので、柔らかさは必要だと思ったが、これは装着しないと個人差があると思った。音楽機能は必要がないと思った。可視化も今回は気にする部分ではなかった。リモコン機能は今回は必要がないと考えた。

・とりあえず試してみようと「失敗してもいいや」精神で安価なものを購入することにしました。

・初めて試しに購入したのは、販売価格6000円くらいの機種で割引率が一番大きいものを選択。(温熱バイブレーション機能が3段階モードあり、15分自動オフタイマー付き)

・実際に初めて装着して自分が一番気になったのは、骨格の関係での眼球に感じる圧迫感でした。

・もちろんバンドの長さ調整も可能ですが、骨格はかえれません。

・装着して初めて気づくバンド調整できる限界の長さ。あとバンドをゆるくすると温熱部分も密着しない部分が出て温かさを感じれない部分が出ることも気づけました。

・バンドで調整はできますが、接触部分のクッション具合のやわらかさも非常に大事だと気づけました。

・バイブレーション機能のマッサージは、3段階の強さやOFF調整ができたので問題ありませんでした。

・試しに購入したタイプは、他の機種と比べてもスタンダードなものなので、自分には、どういうものが合うのかを想定するのに非常に良い参考になりました。

・自分に関しては、装着部分がどうなるのかをなるべくイメージしやすく解説してくれている製品選択に絞り込まれました

・現在は、頻繁にバイブなしの温熱のみで寝る前に利用すると寝落ち確率がすこぶる上がりました

・最初の購入品のおかげで、目もとが空洞になっているほうが眼球への圧迫がないと想定でき、自分は乾燥肌なので範囲は狭くなりますが、温熱部分は接触するのではなく温熱スチームでムラなく目もとを温めるということ、また、もとに置くだけの簡単さ、バンド着脱も可能な「Panasonic 目もとエステ」を選択することにしました。

Panasonic 目もとエステ EH-CSW67 中古品 価格9000円込 Amazon

パナソニック EH-CSW67 アイマッサージャー 郵送箱
パナソニック EH-CSW67 アイマッサージャー 
パナソニック EH-CSW67 アイマッサージャー 
箱付きではありません
パナソニック EH-CSW67 アイマッサージャー 
アロマタブレットがサービスで付属
パナソニック EH-CSW67 アイマッサージャー 本体
非常に丁寧に扱われていた商品で、非常に×2の良品でした。
パナソニック EH-CSW67 アイマッサージャー 本体上部
上部分も目立った傷もない非常に良い状態で、ボタン操作も正常動作でした。
パナソニック 目もとエステ EH-CSW67 ボタン部分
ボタン解説:動作時はランプが点灯します。電源/温度ボタン開始で自動オフタイマーも作動し、(低38℃→中40℃→高42℃→消灯はOFF)の順に切り替わります。リズムボタンは、(リフレッシュ:振動早い12分→リラックス:振動ゆっくり12分→クイック:振動早い6分→消灯はOFF)の順に切り替わります。
パナソニック EH-CSW67 アイマッサージャー 本体下部分
裏側には先端部分にアロマタブレットを簡単に差し抜きできる装着くぼみ部分があります。
パナソニック 目もとエステ EH-CSW67 アロマタブレット穴小
アロマタブレットは装着時に香りの強弱が選択できるようになってます。開放穴部分が小さいほうを内側に向けて差し込むと香り弱効果
パナソニック 目もとエステ EH-CSW67 アロマタブレット穴大部分
アロマタブレットは装着時に香りの強弱が選択できるようになってます。開放穴部分が大きいほうを内側に向けて差し込むと香り強効果。
パナソニック 目もとエステ EH-CSW67 アロマタブレット包装ジッパー付き
使用しないときは、なるべく空気を出してジッパー付き包装に戻します。おまけは真正ラベンダーでしたが、思ったよりキツさもなく丁度良い香り度合い作られていました。
パナソニック EH-CSW67 アイマッサージャー 本体装着部分
給水プレート外した状態。下にあるプラスチックでできた給水プレートに水を付着させます。
パナソニック 目もとエステ EH-CSW67 給水プレート水分量めやす
取説にも記載がありますが、細かい穴に水分を付着させる量が推奨です。多いと使用中に水しずくがたれてきます。
パナソニック EH-CSW67 アイマッサージャー 本体水で濡らす部分
給水プレートも簡単に装着可能ですが、止めている部分はプラスチックなので着脱時は丁寧にゆっくり扱わないと壊れやすい部分だと思います。
パナソニック EH-CSW67 アイマッサージャー 充電中ランプ赤点灯
充電中はコンセントマーク部分が赤ランプ点灯になります。充電完了は消灯するのでわかりやすいです。

Panasonic 目もとエステ EH-CSW67 実践レポ

・装着方法は、寝る前しか使用しないのでバンドなしの置き型にしてます。

・温熱スチームが稼働するまでに1分25秒待ちます。

・動作しだすと目もと周りがムラなく徐々にじんわり温まってきます。

・範囲は目もと周りだけですが、充分な効果だと実感できました。理由は、まだ数回しか使ってませんが寝る前に使用してますが、ほぼ寝落ちしているからです。

・寝つきは悪いほうなので、使用時は完全に寝つきが良くなったことがすぐ体感できました。

・熟睡度も上がっているような気がします。それは寝置きが良くなったからです。

・まだ継続頻度が少ないですが、目もとケア機器で睡眠効果も上がるとは思っていなかったので、ダブル大満足です。

・以前使っていた、1回使い切りのホットアイも良かったですが、温熱スチームは温かさを感じる部分にムラがないのが、効果を高めているような気がします。

・乾燥肌なので、まぶたもよくかゆみが出ていたのですが、かく頻度もかなり軽減されているような気もします。

・涙腺も改善されたのか、目元がかゆくなることも軽減されているような気がします。

続く


(20220429)

スポンサーズ
momas satori60%

momas satori60%

◆取組テーマ
「Knowledge creates your future」知識が自分の未来をつくる
初心者向けに悟り60%を目指して案内解説中

◆スタイル
・自分が調べたことをカテゴリー記事にした「もう迷わないシリーズ 初心者向け悟り60%雑記サイト」を構築中
・202303より記事関連YOUTUBE動画も投稿中
サイト名「もう迷わないシリーズ」

◆目指しているところ
・初心者向け案内として読者方々の「知らない」から「迷う」の対義語「悟り」めやす60%が目標
・はじめての方向けに関連「ワンセンテンス」カテゴリーを一気読みして「ざっくり知ってもらう」を目指してます

◆「情報発信元」や「エビデンス」について
・文献サイトから引用・参考
・所管省庁サイトからの引用・参考
・専門事業者や特化型事業主サイトなどから引用・参考
・CHATPGTから内容確認をして投稿
・「自分の考え」や「経験」や「検索」は表記

◆動画編集使用ソフトや録画
・Premium pro
・VLLO
・CANVA
・OBS studio

◆使用AIソフト
・stable diffusion
・stable audio
・kaiber
・motion leap
・vllo
・VREW

◆依頼制作業務個人事業主で2023年3月より開始中

◆自己紹介
・リテールマーケティング1級(講師登録中)
・会社勤め零細~東証一部上場企業~飲食店経営~運営コンサルタント
・フリーランスで個人事業主運営中
◆運営歴とPV
・202103開始~現在進行中
・202207 月間100PV
・202208 月間400PV
・202303 月間800PV
・202309 月間1200PV
・202311 月間1600PV
※このサイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。ありがとうございます。引き続き皆さまの役に立つサイト運営を目指していきたいと思います。宜しくお願い致します。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!
Verified by ExactMetrics